So-net無料ブログ作成

『僕を支えた母の言葉』 ~野口嘉則~ [野口嘉則]


 愛を伝えるのに多くの言葉はいらない

 ミリオンセラー『鏡の法則の著者が贈る!』
 YouTubeで130万人以上が涙した感動の物語


僕を支えた母の言葉

僕を支えた母の言葉

  • 作者: 野口 嘉則
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2010/12/02
  • メディア: 単行本



<著者のプロフィール>
 野口嘉則(のぐち よしのり)
 「幸せ」と「人間学」の専門家、ミリオンセラー作家。
 高校時代は対人恐怖症に悩むが、大学入学後、心理学や
 成功法則さらに東洋哲学の研究と実践によって対人恐怖症を
 克服。
 その後リクルートへの入社を経て、メンタルマネジメントの
 講師として独立。2003年にコーチングのプロとして活動を
 始め、「その人の中にある自己実現力を引き出すコーチング」
 が評判を呼び、EQコーチングの第一人者となる。また2009年
 より、人間力を高めるためのeラーニング形式の私塾「人間学
 実践塾」を主宰する。
 現在、ツイッターと公式ブログを通じて、「幸せな生き方」や
 「人間学」「自己表現」に関するメッセージや情報を発信中。
 また、自ら肉声で語るポッドキャスト番組は、登録リスナーが
 90万人を超える。著書はすべてベストセラーになっており、
 ミリオンセラーになった『鏡の法則』の他、『幸せ成功力を
 日増しに高めるEQノート』、『コミック鏡の法則』、『3つの真実』
 『心眼力』、『いつだって、うまくいく!』などがある。


<その他の著書>
 『鏡の法則』
 『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』
 『コミック鏡の法則』
 『3つの真実』
 『心眼力』
 『いつだって、うまくいく!』


<著者のHomePage等>
 野口嘉則 公式ブログ


<この本との出会い>
 野口さんのメーリングで新書のご紹介あり購入しました。


<本の構成>

 本文

 あとがき

 ページ数 48ページ
 読書時間 30分


<以前紹介した著書>
 なし


<関連動画>
 泣ける感動ムービー 「僕を支えた 母の言葉」


<関連記事>
 なし





<本文からのご紹介>

 あとがき



 この「僕を支えた母の言葉」のお話は、私の知人の話です。
 2008年の秋に、ご本人の了解を得てムービーにしました。拙書『心眼力』の
 出版記念ムービーとして制作したのですが、それを動画共有サイト
 「YouTube」にアップしたところ、それから2年のあいだに、実に130万を
 超えるアクセスがありました。これには私も本当に驚いています。
 この間、ムービーをご覧になった方たちからは、「親に心から感謝できました」
 「自分の子どもを信じようと思いました」「相手の悪いところばかり見ていた
 ことに気づきました」など、たくさんのご感想メールをいただくとともに、
 「書籍化してほしい」というリクエストもずいぶんいただきました。
 そしてこの度、この話がフォトブックという形で新たな命を得たことを、心より
 嬉しく思います。写真と組み合わせることによって、文字だけでは表しにくい
 心情や心象風景まで表現でき、より味わい深い作品に仕上がったと感じています。

 …後略


 『僕を支えた母の言葉』P44~45より




 
 久々の野口嘉則さんの新刊です。しかもこれまた感動あふれる作品ですね。
 本文の内容はすべてYouTubeにアップされているので、動画を参照してください。
 動画では文字だけなのですが、本ではこれに選りすぐった素敵な写真が付加
 されていて、さらに素敵に読むことができ、感動も倍増します。
 あとがきから少しご紹介しましたが、この話は実話で野口さんの知人の
 お話なんですね~。すっかりフィクションと思っていたので、実話と聞かされて
 これまた感動倍増ですね。
 あとがきで、野口さんはこの本の3つの大切な教訓があると紹介しております。
 一つ目が”本質をみることの大切さ”です。これは野口さんの著書『心眼力』で
 わかり易く紐解かれています。物事を表面や言動だけで判断するのでなく、
 つねに冷静に心の眼で判断することが大切であるということです。
 二つ目は”言葉の力”です。これは野口さんのブログで以前紹介されていたのですが
 言霊のことなのではないでしょうか?言葉にも魂があり、そのひと言ひと言を大切にし
 出来るだけポジティブな言葉を子どもや他人にはかけるべき。言葉には力が
 あるということを認識することが大切だと教えてくれている気がします。
 最後の三つ目は、”今という時間を大切にする”と言うことです。もっと親孝行
 しておけばと後で後悔したり、あの時もっとこうしておけば…と考え反省する
 のではなく、やはり今という時間を出来るだけ精一杯行動するのが大切
 なのですね。先日の地震で、生きているということの大切さを思い知らされました。
 本当に明日生きているという保証は誰にもないのです。そう考えると生きていることに
 感謝し、今という時間を大切に考えもっと真剣に全力で生きて行かなければと
 心に深く思いました。
 
  
 <こんな人へおススメ>
 野口さんの鏡の法則で感動した人は必読です。
 こんな時だからこそ読んで欲しい一冊ですね。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。