So-net無料ブログ作成
草場 一壽 ブログトップ

『いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」』 [草場 一壽]

今日は絵本のご紹介です。

是非ともお子さんに読んで欲しい1冊です。 私も姪っ子にプレゼントしました。
思った以上に好評で、いろいろ家族のつながりに関して話してくれました!


いのちのまつり―「ヌチヌグスージ」









 作品のご紹介です。 


 ●著者のご紹介●
  草場 一寿 (クサバ カズヒサ)       
   陶彩画家。1960年佐賀県佐賀市生まれ。1983年日本大学芸術学部演劇学科中退。
   1987年焼き物の里、有田に入り陶彩画の研究を始める。
   1991年今心工房を開き、全国各地で展覧会を開催
  平安座 資尚 (ヘイアンザ モトナオ)       
   イラストレーター。1948年沖縄県那覇市生まれ。1972年日本大学芸術学部美術学科卒業。
   1973年第25回沖展沖展賞受賞(デザイン部門)。1994年沖縄郵政管理事務所。
   平成7年用年賀はがき最優秀賞受賞。
   2002年ダイキンオーキッド女子プロゴルフトーナメントポスター優秀賞受賞。
   2003年沖縄全島エイサーまつりポスター最優秀賞受賞

 ●内容●
  主人公のこうちゃんが、沖縄に行き、お墓の前でサンシンや踊りを踊る人たちに出会います。
  そこのおばあが、「ぼうやにいのちをくれた人は誰ね~?」と聞きます、
  こうちゃんは「それは…お父さんとお母さん?」と答える。
  おばあは「そうだねぇ。いのちをくれた人をご先祖さまと言うんだよ」
  こうちゃんは「ねえ、おばあさん、ぼくのご先祖さまって何人いるの?」と言い、
  指をおって数えてみることにしました。すると…。





  中開きで、人が沢山かかれたページが出ます。
  そのページで、姪っ子は、これはおじいちゃん、これはおばあちゃん、
  おじいちゃんのお父さん、おばあちゃんのお父さん・・・・
  ねえ、おじいちゃんのお父さんはどんな人だったの?。
  おばちゃんのお母さんはどんな人?。
    なんかすごいね~こんなに沢山いるんだ~。。
  姪っ子に、「そうだね~こんなに沢山つながっているんだよ。どの人がかけても、。
  生まれて来なかったんだよ~。すごいよね~」。



    わずか数ページの絵本なのですが、大人もいろいろと考えさせられる作品です。
  人が生まれると言うことは、これだけのつながりがあって生まれてきている。
  本当にかけがえのない いのち なんですね~。
  
  自分はひとりではない!これだけの人とつながっている、そう感じて欲しいです。

  それでは、また!
     


  

タグ:教育 絵本
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
草場 一壽 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。