So-net無料ブログ作成
検索選択
福原裕一 ブログトップ

『手を挙げた人。全員内定』~福原裕一~ [福原裕一]

今日の本は元気になる本です!



手を挙げた人、全員内定。 ─冷めた若者をアツくする経営─








 著者の紹介です
  福原裕一さん
  株式会社KUURAKU GROUP代表取締役
  NPO法人HAPPY&THANKS理事長
  横浜生まれ。 1999年焼き鳥やを開業。現在首都圏に17店舗
  カナダに2店舗の飲食店の他、子供達の健やかな心を育む学習塾を経営。



   本文からご紹介します。
 ~福原社長の会社は、2007年3月26日にの会社説明会で、「KUURAKUで働きたい」と
 手を挙げた人を全員採用するこころみを行ったそうです。~

 第2章から『成功&承認』が若者を動かす。

 冷めた若者をアツくさせる技術
 冷めたピザを温めるのに必要なのは「電子レンジ」ですが、冷めた若者をアツくするのに
 必要なのは「喜び」です。
 会社に入ったばかりの新入社員は、まだ仕事のことなどまったくわからず、パソコンの使い方すら
 しらないかもしれません。(少なくとも「仕事」というレベルでは)
 けれども、先輩や上司から操作や作業の流れなどを教えてもらい、
 少しずつ仕事がわかってくると自身がつき、喜びにつながっていきます。

   ただし、自分一人で満足しているだけでは、喜びはあっという間に冷めてしまいます。
 その喜びを冷めさせないのが、第一章でお話した「承認欲求」。
 つまり人から認められたいと 言う気持です。
 「仕事を覚えるのが早いね。ほかの仕事もやってみる?」
 「毎朝早く来て掃除をしてくれるから、助かるよ」
 このように、ちょっとした行動をほめてもらうだけで認められたと実感し、
 ますますやる気が出てくるのです。
 
 人は自己評価よりも、他人の評価によって自分の行動の価値を決めます。
 それを実感出来る場を提供すれば、どんな人でも仕事のおもしろさに気づきます。

 ~後略~

 

 さすがですね~。以前KUURAKUさんの焼き鳥屋に行ってみました~!
 とても素晴らしいお店です。何よりもチームワークと、働いている人の目の輝きが違いますね!
 こんな素敵なお店を作っている人は、どんな人なんだろ~って気になり、HomePageを探り、
 Amazonを探り、この本にたどり着きました!
 素敵な社長だから、社員も素敵な訳ではないと思います。素敵な社風が素敵な会社を作るのでは
 ないでしょうか・・・。この社風と言うか、会社の雰囲気、会社の姿勢、会社の目標って
 大切なのではないかと思います。

 昨今、CS向上なんて、言ってる経営者ってあちらこちらにいますが、CS向上ってはたして、
 会社の目標なのでしょうか!?ちょっと疑問を感じてます。CSが高い会社って、
 ディズニーランドとか、最近では旭山動物園とか、リッツカールトン大阪とか、
 すべてES(従業員満足度)が高い会社なんじゃないですか? 
 この辺りを、福原社長は明確に示しています。



 (本文より) 
 仕事や会社に誇りをもてれば、やる気も出るし長続きもします。
 逆に持てなければ、いくら高いお給料を払っても幸せにはなれません。
 とくに最近の若者は仕事に対する理想が高いので、彼らを育て、やる気を引き出すには、
 誇りを持てるような仕掛けを作らなければなりません。




 自分の会社、自分の仕事を好きにならなければ、仕事に誇りを持てなければ、
 やる気も出ないし、お客様を満足させる事は出来ませんよね~。
 商品に自信が持てなければ、愛着もわかないし、会社なんて好きになれない。
 でも、そんなに商品に自信を持っている人なんていないし、何となく仕事をしている人が
 殆どだ!何て声が聞こえてきそうですが、実はどんな商品でも価値はあるんですよね~。
 いやいや、もっとこうすれば、いいんだよ!何て意見が出てくるってことは、
 問題点に気がついていて、後は行動するのみなんじゃないですか!?
 この辺は、是非とも考えて欲しいと思います。

 別に、ディズニーランドだよ!とか、リッツカールトンだよ! と言っている訳ではなく、
 もう少し、楽しい会社を作って行こうと、みんなが意識していけば、会社も社会も良くなるのでは
 ないでしょうか!

 今日はちょっと語り過ぎたかもしれませんが、素敵な会社、楽しい仕事を、
 みんなに提供出来るように、ささやかながら努力します。

 それでは!
 
 

 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
福原裕一 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。