So-net無料ブログ作成
大嶋啓介 ブログトップ

『言えなかった、ありがとう』 ~大嶋啓介~ [大嶋啓介]

いつか必ず伝えたい、大切な言葉。

全国から集まった珠玉の「手紙」と、大嶋啓介が初めて語る、亡くなった父への熱い思い。


言えなかった、ありがとう

言えなかった、ありがとう

  • 作者: 大嶋 啓介
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2009/08/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<著者のご紹介>
 著者のご紹介は以前の記事を参照してください → 『てっぺんの朝礼』へ

<この本との出会い>
 立ち寄った本屋さんで、タイトルに心ひかれ購入しました。





<本文からご紹介>

 Column1 「生んでくれてありがとう」を言って、どう変わったか?

 「生んでくれてありがとう」を母親に言ってから、ぼくは自分が変わったなと思っています。
 自分の思いを伝えられたとき、心が洗われる気持ちがしました。
 「ありがとう」には、本当に不思議な力があって、口にすることでいろんなものを引き出してくれますが
 ぼくの場合は「素直さ」を引き出してもらいました。
 それと、覚悟ができました。これは自分がお店をやっていくにあたって、すごく大きな変化でした。
 なぜなら、母親に対して「ありがとう」を言うことによって、もっと喜ばせたいとか、もっとがんばるぞと
 腹の底から思うことができたからです。いちばんの親孝行とは、親からいただいた命をキラキラ
 輝かせて生きていることだと思うのです。だから、ぼくたち「てっぺん」も、親孝行を大切に
 しています。アルバイトさんからの提案で新店舗を出すときには、メンバーのご両親を招待させて
 いただき、キラキラ輝いているメンバーの姿を見てもらいながら、ひとりひとりから「ありがとう」の
 思いを伝えています。
 もちろんぼく自身も、自分の嫁さんや子どもにも、たくさん「ありがとう」を言うようにしています。
 なぜなら、自分も「ありがとう」と言われると「あっ!こういうところを見ていてくれたのか」とか
 「へぇ、そういうふうに思ってくれていたんだ」とか、ここに直接触れてくれているような気がして、
 すごくうれしいから。だから嫁さんにも、意識して毎日の「ありがとう」を言うようにしています。
 誕生日や記念日にはサプライズとして、せいいっぱいの「ありがとう」を感動的に伝えたい。
 でも、それ以外にも、毎日の洗い物をしてくれたり、ごはんを作ってくれたり、生活の細々とした
 ことをこなしてくれたり・・・ひとつひとつのことに「ありがとう」を伝えるようにしています。
 そして、子どもの誕生日には、「子どもを産んでくれてありがとう」って心から伝えることにしています。
 そして、子どもたちとやっているのが、「ありがとうの実践」。
 夜、子どもたちと一緒に寝る前に、今日一日出会った人に「ありがとう」を言って
 寝るようにしています。最高ですよね(笑)。
 たとえば「幼稚園のお友達ありがとう」とか、「コンビニのお兄ちゃんにも会ったから、コンビニの
 お兄ちゃんありがとう」とか。「おじいちゃんありがとう」、「おばあちゃんありがとう」と、その日
 遊んでもらったりした人みんなにも「ありがとう」を言ってから寝るようにしています。
 「ありがとう」がたくさんあふれるチームでありたい。
 「ありがとう」がたくさんあふれる家庭でありたい。
 なぜなら、
 「ありがとう」は、人を笑顔にするから。
 「ありがとう」は、人を幸せにするから。
 たった一言の「ありがとう」が、家族の絆を深めてくれます。
 ぼくは、「生んでくれてありがとう」を言ってから、誰に対しても素直に「ありがとう」が言えるように
 なりました。





 この本は大嶋さんが立ち上げた「日本ありがとうプロジェクト」で日本中から集めた手紙をもとに
 構成されてます。手紙を書いてくれた年代別に、10代・20代・30代・40代と大嶋さんのコラム
 さらにスペシャルレターとして、3人の方が掲載されております。どれもこれも、心がジーンとする
 素敵な手紙ばかりです。いや「ありがとう」の力はやはり凄いもんですね。
 でも、大嶋さんやワタミの渡邉美樹さんのようになるまでは、なかなか難しいものがありますよね。
 このレベルに進むまでには、まずは素直に「ありがとう」を言える状態をキープすることなんでは
 ないでしょうかね~。素直に「ありがとう」が言えなくても、形だけでも「ありがとう」を言える
 それが最初の一歩なのかもしれません。この本を読んで「ありがとう」の素敵さを知ることも
 とても大切ですね。「ありがとう」に関する本はたくさん出版されてます。と言うことは間違いなく
 「ありがとう」の効果はあるということですよね。私もこれからも意識して「ありがとう」を言って
 いきたいな~と思いました。
 




タグ:
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『てっぺんの朝礼』 ~大嶋啓介~ [大嶋啓介]

たった15分で熱いチームに生まれ変わる! 
年間1万人の参加者を集める「すごい朝礼」のノウハウ


スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼

スタッフの夢とやる気に火をつける! てっぺん!の朝礼

  • 作者: 大嶋 啓介
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2007/05/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



著者のプロフィールです。

 大嶋啓介(おおしまけいすけ)
 1974年三重県生まれ。今、日本の飲食業界でもっとも注目を集めている居酒屋「てっぺん」の創業者。
 「てっぺん」独自の「公開朝礼」が日本中で話題となり、テレビや雑誌等で数多く取り上げられるなど、
 大きな注目を集める。年間の朝礼参加者は1万人。その勢いは日本国内だけにとどまらず、韓国や
 台湾など海外からも多くの人が「本気の朝礼」を見学に訪れている。
 2006年には居酒屋業界全体の活性化を目的にNPO法人「居酒屋甲子園」を立ち上げ、初代理事長と
 しても活動。同年「外食アワード2006」を受賞。また2007年には「35歳以下の日本の次世代を創る若手
 ベンチャー起業家」を表彰する、「ドリームゲートアワード2007」にも輝いた。
 現在は「日本中に夢を広めたい」という熱い想いで全国での講演活動にも励み、活躍の場を大きく
 広げている。著書に、「夢が叶う日めくり」がある。


夢が叶う日めくり

夢が叶う日めくり

  • 作者: 大嶋 啓介
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2007/02/15
  • メディア: 単行本



 日本一熱いと言われるその朝礼を、本文からご紹介致します。




「てっぺん」の朝礼の流れは、下記の流れになっています。

 16:00 状態づくり
   「ハイモチベーション」を保ち、最高の笑顔で周りを盛り上げ、最高の準備をする。

 16:20 朝礼モチベート 
  「見学者」を「参加者」に変えようとモチベートすることで、人のやる気を引き出す。

 16:35 5分前整列
  時間厳守を徹底。姿勢や身だしなみに気を配り、最高の緊張感を作りだす。

 16:40 黙想・イメージトレーニング
  静けさの中で、念(おも)いが成就したときの映像、夢が叶った瞬間の映像をハッキリとイメージする。
  さらにワクワク状態を作る。

 16:40 スピーチ訓練
  自分がスピーチすることで、「伝える力」、人のスピーチに耳を傾けることで「聴く力」をみがく。

 16:40 ナンバー1宣言
  自分がどんな人間になりたいのかを、みんなの前で宣言して、「有言即行」を実践する。

 16:40 あいさつ訓練・ハイ訓練
  全力で、笑顔で本気の挨拶。心からの返事を繰り返し、店全体の空気を変える。

 16:55 締め
  「本気の握手」で締めることで、その日の戦闘態勢を整える。



 
 最近、居酒屋業界が熱い気がしますね~。
 素敵なお店も増えて来てますし、スタッフの熱意が素敵ですよね~。
 そのきっかけになったのは、やはりワタミの社長、渡邊美樹社長だと思います。
 その気持ちを受け、さらに次の世代に伝えるのは、この大嶋さんなのではないでしょうか。
 大嶋さんが立ち上げた、居酒屋甲子園で、全国の熱い若手の経営者達が、次の目標が明確にされたと
 思います。いい仲間、いいライバルがいることが、刺激になり、成長につながるんですね。
 永遠希グループの小田BOSS なんかもそうです。 小田BOSSの記事はこちらへGo→以前の記事へ
 みなさんも、周りにいいライバルを探し、ともに切磋琢磨していくのが、なによりも励みになり、自分自身の
 成長なるのではないでしょうか。

 それでは また! 

 ブログ村のランキングへ参加中です。↓下記↓をポチっとクリックお願いしま~す!
 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



 





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
大嶋啓介 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。