So-net無料ブログ作成
検索選択
金森俊朗 ブログトップ

『性の授業 死の授業』 ~金森俊朗・村井淳志~ [金森俊朗]

出産間近の母親と末期ガン患者を小学三・四年生の教室に迎えて―
「性」の教育を真正面からとらえようとすればするほど、「死」のことを考えざるをえなくなる。
「死」を切り離した「いのちの授業」はありえないのではないか・・・・・


性の授業 死の授業―輝く命との出会いが子どもを変えた

性の授業 死の授業―輝く命との出会いが子どもを変えた

  • 作者: 金森 俊朗
  • 出版社/メーカー: 教育史料出版会
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<著者のご紹介>
 金森 俊朗(かなもり としろう)
 1946年、石川県鹿島郡中島町河崎に生まれる。
 金沢大学教育学部卒業。 在学中、金大作文の会で生活綴方教育、生活教育を学び、
 北信越教育系学生ゼミナールの中央事務局長を務める。
 市内8つの小学校を経て、07年3月に退職。
 いしかわ県民教育文化センター所長、日本生活教育連盟会員
 著 書 「太陽の学校」 「町にとびだせ探偵団」 「いのちの教科書」 「希望の教室」

 村井 淳志(むらい あつし)
 1958年生まれ、名古屋市出身。
 東京都立大学文学部卒業。現在、金沢大学教育学部教授。
 著 書 「学力から意味へ」 「歴史認識と授業改革」 「「いのち」を食べる私たち」
      「脚本家・橋本忍の世界」 「勘定奉行 萩原重秀の生涯」



<この本との出会い>
 金森さんの本は「希望の教室」「子どもの力は学び合ってこそ育つ」に続き3冊目です。
 以前の記事はこちらへ → カテゴリー金森俊朗へ





<本文からご紹介>

 はじめに

 この本は、金沢の公立小学校の教師・金森俊朗が、二年間にわたって実践した性と死の授業の
 記録である。
 タイトルを見て、「どうして『性』と『死』がならんでるの?」と疑問に思われた方もいるかもしれない、
 しかし、性の授業、つまり性教育と、死の授業、いわば死の教育(デス・エデュケーション)が実は
 きわめて密接な関係があるということは、少し考えればはっきりするのではないか。
 性は生(いのち)の発端であり、死はその終焉である。両者は対極に位置して、生の流れを明瞭に
 区切っている。私たちがいま、当たり前のように生きている生が当たり前でも自明でもないことを、
 性と死は生の両端にあって告げ知らされている。性と死は両端から生を挟みつけ、人々に生の意味を
 考えさせずにはおかない。
 だから、性と死が大事なテーマであることを否定する教師はいない。子どもたちの性行動が劇的に
 拡大し低年齢化してきていることに、なんらかの動揺を感じない教師・大人はいないだろう。
 子どもが自他の命に加える暴力に戦慄を感じない者もいないだろう。しかも往々にして対処療法は
 無力であり、そのことは当事者たちもよくわかっているはずなのだ。
 ところが、性と死が実際の教育現場で取り上げられることはまれである。「死」はとくにそうである。
 どうしてなのだろうか。
 「子どもには難しすぎる」こんな声がすぐに聞こえてきそうだ。本当にそうだろうか。子どもではなく、
 教師にとって難しいだけではないのか。子どもたちはむしろ、性について死について切実に
 知りたがっているのではないか。
 確かに教師にとっては難しいし、教師だけのちからで性や死を教えようとしても空回りになりがちで
 ある。場合によっては説教臭くもなってしまう。だから金森は、性の当事者である妊婦さん、
 死の当事者である末期ガン患者を教室に招くという方法を選んだ。そういう意味ではこの授業は、
 周到に準備されたものではあるが、柔軟な姿勢さえあればまねのできないものではない。
 むしろこのような授業が日本中で簇生することを願って、この実践記録を送り出したい。





 この本は是非ともじっくり読んで欲しいですね・・・おそらく、タイトルと中身から普通に感じることは、
 性の授業として、妊婦さんに話をしてもらう、死の授業として末期ガン患者さんに授業をしてもらう。
 みたいな単純な内容に受け止められがちでしたが、実はとても奥が深いんですよね。
 それらを行うための準備が大切なんですね。金森学級はそれらの性と死の授業を受け止めれるような
 心に耕されていたこと。そこがとても大切だと思います。また、金森先生は生徒の両親ともとてもよく
 コミュニケーションをとっており、それもこの授業を開催する後押しになっていたのではないかと思います。
 私も後輩等とデス・エデュケーションの話をしたことがありますが、やはり、きちんと心が耕し切れて
 いなかったので、いまいちな反応でした。デス・エデュケーションはとても大切なことだと思うのですが、
 やはり教育現場では取り入れてなく、それでいて社会人になってもそれらを学ぶ場がないと思います。
 きちんとした死の教育がされぬまま、大人になり社会人となってしまっているので、ふとしたきっかけで
 死の事を考えその思いに押しつぶされてしまうのではないでしょうか。本文のはじめにも書かれて
 おりますが、性と死を考えることが生きるということであり、性だけではだめで、合わせて死を考えることで
 初めて生きるということの意味を知るということなんですよね。死の教育といっても単純なことで、
 みなさん小さい頃に自分が死んだらどうしようとか、親の死についてふと考え、漠然な恐怖感に陥った
 ことがありませんか? そんな時きちんと、先生や両親と死について話す機会があれば、その漠然とした
 死の恐怖もやわらげることができたのかもしれません。それが漠然とした恐怖感のまま残ってしまい、
 きちんと理解しないまま大人になった時に問題が起きるのではないでしょうか。
 やはり出来るだけ幼いうちに、ある程度の性の教育、死の教育を行うことはとても大切なことなのでは
 ないかと改めて思いました。このある程度ってのが難しいのかもしれませんけど・・・





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『希望の教室』 ~金森俊朗~ [金森俊朗]

「僕たち人間ってすごい!」と気づき、感嘆する金森学級の子どもたち。 
元気と希望が日々育った 3年2組 いのちの授業ドキュメント


希望の教室―金森学級からのメッセージ

希望の教室―金森学級からのメッセージ




<著者のご紹介>

 著者のプロフィールは以前の記事へ → 金森俊朗『子どもの力は学び合ってこそ育つ』へ

<この本との出会い

 以前の『子どもの力は学び合ってこそ育つ』を読み、とても素敵な本でしたのでもう一冊!





<本文のご紹介>

 ぼくってすごい!

 400から500の卵子のうちのひとつと、3億から5億の精子のうちのひとつが合体して、私たちは始まった。
 この事実を知った子どもたちから、口々に感想が出てきた。「精子はいろいろな危機をを乗り越えて卵子と一緒になって、それで私たちが生まれるなんて、精子はすごいと思いました。」 「そんなにたくさんの精子のひとつと卵子のひとつが出会って、卵が人間に成長していくって、すごくびっくりしました。」 目を輝かせて、賢也が言った。「ぼくは、あの3億から5億の中の精子のひとつだと知って、ぼくはこんなにすごいものだと思って、すごく感動できました!」 稚奈は、「ここにいる人たちだけを考えても、精子はすごく犠牲になってきた。だから、私は自分を大切にしたい」と続けた。 この生命の神秘を、親しい友人が詩とメロディーでつづった『ぼく』という曲がある。その曲を、クラスみんなで歌った。



 『ぼく』(詩・笠木透 曲・坂庭賢享)
 三億の中のひとつがぼくになった
 ほかのやつにもチャンスはあったのに ぼくが生まれた
 父や母に 生んでほしいと たのんだわけではないのだけれど
 ※
  ぼくは生まれた 三億のひとつ
  ぼくは生まれた 六十億の一人
  何という大きなひとりぼっちだろう
  花開け ぼくのオリジナリティ

 六十億人の中でぼくはひとり
 ほかの国に生まれてもよかったのに この国に生まれた
 この国に生んでほしいと たのんだわけではないのだけれど
 ※繰り返し



 曲は、「四十五億年の中でぼくの今がある」と続く。歌詞の意味をかみしめて歌う子どもたちは、ニコニコと、本当にいい顔をしていた。歌い終わった子どもたちから、自然と拍手がわき起こった。





 今年初めての更新です。みなさま今年もよろしくお願いいたします。さて新年一冊目ですが、
 金森先生の『希望の教室』を選んでみました。 小学3年生への授業なのですが、大人の私が読んでも、
 「へ~」と感心してしまうような内容が盛りだくさんです。確かに子どものころ習った内容なのですが、
 その掘り下げ方が深いです。そして子どもたちの好奇心を育てる、ん~引き出すという表現の方が良いのかも
 しれません。すぐに好奇心がわき出し、自ら進んでいろいろな事を調べる子どももいれば、なかなか自らは
 動きださない子どももいます。そんな子どもにも、様々な方向からアプローチし、その最初の一歩を踏み出す
 勇気を後押しする、そんな最高のコーチングですね!とても勉強になります。
 蝶の生育、田植え・稲刈り、種について(いのちのリレー)、数字の授業(今まで何キロ歩いたか)、
 近くの工場への子どもたちだけでの取材(パン工場は1日8万個生産する)
 そして本文から少し取り上げたいのちの授業、もちろんエスケンやどしゃぶりどろんこや雪上サッカーなどの、
 体を動かす授業もあります。こんな素敵な授業であれば、大人も受けてみても面白いかもしれません。
 是非とも小学生のお子様を持つお父さんお母さん、小学校の先生なんか是非とも読んで欲しい一冊ですね。





タグ:教育
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『子どもの力は学び合ってこそ育つ』 -金森学級の38年の教え ~金森俊朗~ [金森俊朗]

本物の教育者が編み出した生きて輝く学力取得法を全公開します。
子どもも大人も元気になった!金森流学び合い教育法。





素敵な本に出合いました。素敵な大人に、素敵な教育者に・・・ ご紹介いただいた桔梗さんありがとうございます。
それでは、その素敵な本をご紹介する前に、著者のプロフィールから始めます。

 金森俊朗(かなもり としろう)
 1946年石川県能登生まれ。金沢大学教育学部卒業。小学校教師となり、2007年まで8校で、教鞭をとる。
 80年代から本格的に性と死の授業に取り組み、日本でデス・エデュケーションを実践する。
情操教育の最高峰として、全国から注目を集め、97年、中日教育賞を受賞する。2003年に放送された、
金森学級の一年間を記録した番組、NHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス」は、大きな感動を呼び、
アジアで初めて、バンフ国際テレビ祭グランプリ、日本賞グランプリを受賞した。
現在、北陸学院大学教授。


 もっと詳しく知りたいかたはこちらへ → 金森俊朗の部屋へ


性の授業 死の授業―輝く命との出会いが子どもを変えた

性の授業 死の授業―輝く命との出会いが子どもを変えた

  • 作者: 金森 俊朗
  • 出版社/メーカー: 教育史料出版会
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



いのちの教科書―学校と家庭で育てたい生きる基礎力

いのちの教科書―学校と家庭で育てたい生きる基礎力

  • 作者: 金森 俊朗
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2003/11
  • メディア: 単行本



いのちの教科書―生きる希望を育てる (角川文庫 か 48-1)

いのちの教科書―生きる希望を育てる (角川文庫 か 48-1)

  • 作者: 金森 俊朗
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 文庫



 それでは、本文から少しご紹介します。




 子どもの心の中に「本当」がある。


 こどもたちを一見、何の悩みもないように捉える大人たちが多いが、この捉えは非常に大きな間違いを
 生むことになる。例えば、小学校4年生の健君は、こんな詩を書いてきた。

   願いはたくさんある。
   一番の願いは
   おとうさんがどっかわからない
   遠い所にいってしまった
   お父さんかえってきて
   お母さんはきにしてない
   でもぼくは今日もかんがえている
   お父さんなにしてるかな
   いつもいつもかんがえている
   お父さんかえってきて
   お父さんがいるとき
   ぼくはいつも楽しかった
   お父さんお母さんと仲直りしてかえってきて
   ぼくはお父さんがいないといやなんだ
   家族はそろったほうが
   いつも楽しい
   お父さんお願いします
   かえってきて

 後にこの詩を読んだ健君の母親は、大変なショックを受けていた。離婚したのは健君が保育園のときで、
 それ以後、できるだけのことはしてきたから、まさかこの子が数年経った今もこんなことを思っているとは
 つゆ気づかなかったと、ボロボロ涙を流した。
 朝、教室で黙って座っている子どもたちの胸のうちにも、こうした思いがある。先に述べたように、学級や
 習い事のさまざまな場面でも、こどもたちは、心のドラマや葛藤を持っている、子どもたちの作文を読むと、
 彼らが学校や家庭で抱く不安は、大人が想像する以上に大きいことがわかってくる。
 小学生だった私の息子と一緒に白山登山をしたときのことだ。私が所属する教育サークルのメンバーで
 古くからの友人である女性が、「山登りへ行くなら、連れて行って」ち言うので、彼女を交えて山登りをした。
 しかし、つい最近になって、息子が「あのとき、実は心配でたまらなかった。お父さんは、この人と結婚する
 んじゃないかと思って。」と言った。私は「お前は、白山を登っている間に、そんなことを心配していたのか?」
 と驚いたものだ。もちろん、私は何気なく一緒に山登りをしていたのであって、当時、息子を見ている限りでは
 そんな心配をしている様子はみじんもなく、彼女と一緒になってワーワーと騒いでいた。

 子どもは幼いほど、大人が何気なくしていることを、より想像的に、より深刻化して捉えているという傾向は
 否めない。大事なのは、客観的な状況ではなく、それを子どもがどういうふうに思っているか、という点である。
 大人から見ればたいしたことがない状況であっても、子どもがそれを深刻に受け止めていれば、それはまぎれ
 もない内面世界の事実である。大事なのは、誰かに伝えたい、聞いてほしいと願っている子どもの心を仲間や
 大人たちが見逃さず、しっかり受け止めることである。

 健君の手紙ノート


 健君が「お父さん、帰ってきて」と詩に書いたのは、5月末のことだった。
 そのとき、私が「健、やっぱりお父さんに会いたいか。自分の気持ちを無理に押し込めないで
 こうやって出すと、少しはすっきりするかな」と問うと、健君は、にっこり笑って「うん」と答えてきた。
 しかし、このときの詩は、私に読まれることは前提にしていたが、意識的に仲間宛に書いたものでは
 なかったから、強いて発表することを求めなかった。その健君が、学級での学びが進んだ11月7日、
 次のような「手紙ノート」を書いて学級の仲間に自分の心を伝えた。

   ぼくにはお父さんがほいく園に行っていたときからいません。お父さんとお母さんがわかれたからです。
   それをぼくはほいく園の時だったから、そんなお父さんがいなくなるとはまったく知らなかったから、
   次の日、お父さんはいつもいるので、お父さんのへやにいってもいなくて、ぼくは家中をさがしました。
   だけど、お父さんはどこにもいませんでした。
   お母さんに聞くと「お父さんはもういないよ」と言われて、ぼくは「うそだ」と言っても「ほんとうなんだ」と
   言われて、「なぜ」と思ったけど、言ってもどうせ相手にされないとわかっていたので言いませんでした。
   その日はなぜぼくはお父さんをとめなかったのかと自分をせめつづけながらずっと泣き続けました、
   いまでもそう思っています。
   でも、今はもうお父さんはほかの人とけっこんして子どももうまれたそうです。だから、今はお父さんが
   いなくてもぜんぜん平気です。今はお父さんのつくえを見て思い出すくらいです。
   お母さんは今はお父さんの事をはなすと、おこったようにもうお父さんは他人だといっているようです。
   そのせいだと思うけど、お父さんと歩いている人を見ると、いいなあとつい思ってしまいます。ぼくは
   家にいなくてもお父さんの事は大好きです。

 この文章は、5月末に書いた詩とは違ったものになっている。5月の時は、「お父さん、帰ってきて」という
 願いを書いていたが、11月の手紙ノートでは、「なぜぼくはお父さんをとめなかったのか」「自分を責めながら
 ずっと泣き続けました」という思いを全面に出している。そこに、健君の仲間にこそわかってほしいという
 気持ちが込められている。



 どうでしょうか?たしかにそう感じますよね~。子どもって本当にいろいろなことを考えているし、それぞれ、
 悩みも持ってます。私たちも子どもの頃にいろいろ悩んでいたはずなのに、その事を忘れて、子どもの悩みなんて
 どうせ大したことがないと、どこかで思っていたのかも知れません・・・。また、著書の中で、“共同の子育てを”と
 いう箇所に、「子どもを親だけで全て育てようとあまり狭く考えないほうがいい。かつては、子育ての砦といわ
 れるものが何重にもあった。兄弟、祖父母、友達、父母、近所、親戚の大人、親戚の子ども同士といった具合に、
 それぞれの立場の人たちと接し、そこから学ぶことや見守ってもらうことがたくさんあった」とあります。
 たしかに、そんな親戚付き合いや社会のつながりって、とても大切だと思います。それぞれの人が、それぞれの
 立場で、子どもたちを見守ってあげるように心掛けると、素敵な社会になっていくのではないでしょうか? 

 子育てもそうですが、会社とか組織作りにもとても参考になる本でした。やはりコーチングやメンタルヘルスも
 つきつめていくと、素敵な子どもの育て方にたどり着くのですね・・・。

 それでは!


 ブログ村のランキングへ参加中です。↓下記↓をポチっとクリックお願いしま~す!

 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ 





タグ:教育
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
金森俊朗 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。