So-net無料ブログ作成
西田文郎 ブログトップ

『10人の法則』感謝と恩返しと少しの勇気 ~西田文郎~  [西田文郎]

すごい自分が出れくる出てくる! メンタル指導の達人が教える異次元の自分を呼び起こす方法
北京五輪ソフトボールチーム 金メダルの陰にこの法則あり!


10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気

10人の法則 ―感謝と恩返しと少しの勇気

  • 作者: 西田 文郎
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2008/11/05
  • メディア: ハードカバー



<著者のご紹介>

 著者のご紹介は以前の記事をご覧下さい。 → 『No1理論』

<この本との出会い>

 読書のすすめのメルマガでのご紹介
 さらに、アマゾンのお勧め本でのご紹介です。
 これは読まねばならぬ・・・





 <本文のご紹介>

  あとがきより・・・

 北京五輪の開催前、ソフトボールで日本が優勝することを予想した人は、ほとんどいなかったはずです。アメリカという不動のチャンピオンがいたからです。一次リーグを突破したときも、アメリカに次ぐ2位でした。内容は得点53、失点1のアメリカに対し、日本の得点は23、失点13と、歴然たる実力の差がありました。日本チームの優勝を信じていたのは、選手を除けば、広い日本にただ1人だったかもしれません。

 その私も、準決勝でアメリカに1-4で敗れたときには、それまで会う人ごとに、「金メダルは日本。私が保証します」と断言していた確信が、正直申しますとほんの一瞬グラつきました。おそらく日本人の誰もが、「やはりアメリカは強い。せめて銀メダルと思ったに違いありません。

 しかし、選手たちは違います。最後まで「絶対に金を獲る」という信念を持ち続けました。また、それを持ち続けなければ、絶対に勝てませんでした。
 圧倒的に不利な条件の中で、選手たちはなぜ、そんな信念を持ち続けられたのでしょうか。単なるイメージトレーニングや自己暗示では不可能です。じつは彼女たちには優勝という「目標」だけでなく、ある「目的」があったからです。
 彼女たちには、北京五輪を最後に競技種目から外れてしまうソフトボールを、オリンピックの正式種目として、もう一度復活させたいという大きな目的がありました。オリンピックにソフトボールを復活させ、いまソフトボールを楽しんでいる多くの子供たち、ソフトボールに励む人々に夢を与えたい、そのためには、常勝アメリカチームを打ち破って、金メダルを奪うことがぜひとも必要だ。これが彼女たちの思いでした。

 ソフトボールを種目から外すに際しては、「アメリカばかりが優勝するこの競技は、世界的なスポーツとは認められない」という、組織委員会の判断があったといわれます。その決定をくつがえすための第一歩は、自分たちの首に金メダルをかけてもらうことだ。選手たちはそう信じたのです。

 つまり、彼女たちが目指したのは、「金メダル」という目標だけではありません。その目標の向こうに、「ソフトボールを五輪種目として復活させ、子供たちに夢を与える」という目的―自分を超えた「志」があったのです。

 1年半前にソフトボール日本代表チームのメンタル指導に入った私が、いちばん強く訴えたのもそこでした。
 ・・・(後略)





 素敵な本です。今の私の迷いにぴったりでした。
 北京五輪のソフトボールチームのメンタル指導を行った西田先生、北京五輪の決勝で優勝した時に、マウンドに集まり、No1ポーズ(甲子園で優勝した時、駒大苫小牧が行った、指を1本空に向けるあのポーズ)を行った時、もしや、ソフトボールチームの指導にも、西田先生が絡んでいるのかな~なんて、涙で濡れながら漠然と感じていたのは、思った通りだったのですね~。感動をありがとうございます。

 と、終わると、皆さんは北京五輪のソフトボールチームの話なんだ~と思ってしまうかもしれませんが、実は北京五輪のソフトボールチームの話は、最後の最後にちょっと触れるだけです。

 この本は10人の法則に関する本で、内容はとても素敵な内容なんですよね~。
 それよりなにより、この本は西田先生の教え子A氏に向かって書かれているのでないかと思うほど、A氏があちらこちらに登場します。 読み終えた感想としては、A氏いいな~ 西田先生に愛されているんだな~との印象がとても深く残りました。本来であれば、西田先生のこの時期に出す本であれば、北京五輪のソフトボールチーム中心でもよかったはずですが、あえて、西田先生の過去の失敗談を紹介し、A氏へ説教をしております。ここまで本気で叱って指導してもらえたらA氏はきっと気がつき、大きく成長すると思いますよね~。 ちょっぴりジェラシーを感じた一冊でした。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『No.1理論』 ~西田文郎~ [西田文郎]

「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」


No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)

No.1理論―「できる自分」「強気の自分」「幸せな自分」 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 西田 文郎
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 文庫



<著書のプロフィール>
 西田文郎(にしだふみお)
 1949年生まれ。日本におけるイメージトレーニング研究・指導のパイオニア的存在。
 70年代から科学的なメンタルトレーニングの研究を始め、大脳生理学と心理学を利用して脳の機能に
 アプローチする画期的なノウハウ「スーパーブレイントレーニングシステム(S.B.T.)」を開発。
 79年、能力開発研究室サンリを設立。現在(社)日本能率協会、(社)中部産業連盟、日本経営合理化協会
 などで指導に当たるほか、企業の社員教育や潜在能力開発セミナーの講師としても指導にあたっている。
 とくに、経営者の勉強会として開催している「西田塾」には、これまで数千人の経営者が参加。
 ビジネス界において多大な成果を上げている。おもな著書に「面白いほど成功するツキの大原則」などがある。
 
 西田文郎さんの公式サイトはこちら → 西田文郎公式サイト


面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

  • 作者: 西田 文郎
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2001/11/01
  • メディア: 単行本



<この本との出会い>
 「読書のすすめ」のメールマガジンで紹介されていて知りました。
 
 清水克衛さんのメルマガ登録はこちらへ → 本調子☆強運道



<本文の紹介>
  プラスだけの人生 ― 今日、「あなたの脳」に革命が起きる! 

  私たちの大多数は、成功と失敗が半々、あるいは失敗のほうが多い人生を歩んできました。
  ですから、また失敗するのが怖いのです。すぐに「おれにはムリだ」「ダメだ」「イヤだ」と思ってしまいます。
  これがプラス思考になれない第一の原因なのです。
  また、人間は強い防衛本能を持っています。自分を防衛するために、「失敗の記憶」は「成功の記憶」より
  鮮明に脳に刻み込まれます。

  このようにマイナスの記憶データでものごとを判断するので、プラス思考は大切だと思っても、感情や
  イメージまでは容易にプラスにならないのです。本書で紹介する「No.1理論」のブレイントレーニングは、
  感情とイメージをマイナスからプラスに切り替えて「脳に革命を起こす方法」です。人生の悪い予感を
  クリアリングし、よい予感に変えて、それを実現していく方法です。

  私たちは、その方法に基づいて、ビジネス、スポーツ、会社経営、人材育成、あるいは受験など、分野を
  問わず指導にあたってきました。その中には女子バスケットボールで10年連続の日本リーグ優勝を
  達成したシャンソン化粧品のような強豪チーム、プロ野球の桑田真澄投手、バレーボール日本代表の
  大山加奈選手のような有名選手も含まれます。
  もちろん強豪チームや有名選手だけが指導対象ではありません。むしろ私たちの腕の見せどころは、
  失敗ばかり積み重ねてきた、「普通の人間の脳」に革命を起こし、眠っている可能性をいかに引き出すかと
  いうところにあります。

  たとえば、まだ記憶に新しい駒大苫小牧高校-57年ぶりに夏の甲子園大会二連覇の偉業を成し遂げ
  3年目は早稲田実業と球史に残る引き分け再試合の名勝負を演じ、惜しくも準優勝にとどまった、駒大
  苫小牧高校野球部もその一つです。
  私たちが指導に入った当時の駒大苫小牧は、地区大会で勝つのがやっとのチームでした。
  「甲子園に出場し、全国優勝を目指そう」-選手たちにそう言うと、父兄から「甲子園はいいから、
  地区大会に勝ってくれ」という声が上がるくらいでした。全国制覇はもとより甲子園の土を踏むことさえ、
  とてつもなく“非常識な目標”だったのです。実際、北海道には駒大岩見沢という野球の名門校があり、
  道内の優秀な選手はみんな岩見沢に行きました。苫小牧に入ってくるのは、ごく普通の野球少年でした。

  「甲子園出場なんて、とてもムリだ」

  私たちの指導は、選手や父兄、関係者のそんな“常識”を打ち破るところからスタートしたのです。
  その結果、その年は道大会出場。一回戦で古豪を下し、大きな話題になりました。道大会で準優勝
  したのが三年目。その後も勢いは止まることなく、ついに甲子園に出場して念願の優勝を果たしました。
  それも二大会連続で優勝することになるのです。

  つまり、私たちは「その気」にさえなれば、誰でも優秀な人間になれるし、いくらでも活躍できるという
  ことです。けれどこれまでの“常識”に縛られている間は、どうあがいても「その気」にはなれないのです。
  したがって、この本を読むにあたり、今までの人生の記憶データから導き出した常識や既成概念は、
  すべて捨てていただきたいのです。
  「ダメに決まってる」「難しい」「おれにはできっこない」・・・こんな常識を捨てて、自分でも「おかしい」と
  思うぐらいの非常識人間になってください。





  西田先生凄いです!何度もこの本とは出合っていたのですが、「No.1理論」という強気なタイトルに、
  違和感を感じて、読むことをしてませんでした。No.1理論というタイトルですが、西田先生のこの理論がNo.1と
  いうことではなく、No.2を目指してもだめですよという内容でした。日本で一番高い山は富士山ですが、
  日本で二番目に高い山は?世界で一番高い山はエベレストですが、二番目は?と目指すはNo.1なのです。
  その他にも、まさに大脳生理学と心理学をうまく組み合わせ、説明されているかと思えば、奥さんとの
  ちょっとお茶目な実例も記述されている、素敵な本でした。メンタルトレーニングなどのまさに基礎となる
  一冊なので是非とも興味のあるかたは、一読して損はしない一冊ですね。

  それでは!
     




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
西田文郎 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。