So-net無料ブログ作成
検索選択
木下晴弘 ブログトップ

『涙の数だけ大きくなれる!』 ~木下晴弘~ [木下晴弘]

人は涙を流した時に変わる瞬間がある。元カリスマ塾講師が生徒たちに伝えてきた人生で大切なことは―。


涙の数だけ大きくなれる!

涙の数だけ大きくなれる!

  • 作者: 木下 晴弘
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2008/09/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<著者のプロフィール>
 1965年、大阪府生まれ。株式会社アビトレ会長。
 学生時代に大手進学塾の講師経験で得た充実感が忘れられず、銀行を退職して同塾の専任講師となる。
 生徒からの支持率95%以上という驚異的な成績を誇り、多くの生徒を灘高校をはじめとする
 超難関校合格へ導く。「感動が人を動かす」をモットーに、学力だけでなく人間力も伸ばす指導は、
 生徒、保護者から絶大な支持を受ける。以後10年にわたり、講師および広報・渉外・講師研修など
 さまざまな業務に携わる。
 2001年に独立し、株式会社アビトレを設立。最前線で教鞭を振るってきたノウハウをもとに、全国の塾・
 予備校・学校で、「感動授業開発セミナー」「子どもたちがやる気になるセミナー」「保護者の魂を揺さぶる
 セミナー」などを行う。
 さらには企業向けに「スタッフのモチベーションを高めるセミナー」も実施。受講者は6万人を超え、
 「泣けるセミナー」として大きな注目を浴びている。
 著書に『ココロでわかると必ず人は伸びる』『できる子にする「賢母の力」』などがある。

 アビトレのHomePageはこちらへ → 木下晴弘の株式会社アビトレ
 
ココロでわかると必ず人は伸びる

ココロでわかると必ず人は伸びる

  • 作者: 木下 晴弘
  • 出版社/メーカー: 総合法令出版
  • 発売日: 2004/06/25
  • メディア: 単行本



できる子にする「賢母の力」

できる子にする「賢母の力」

  • 作者: 木下 晴弘
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2008/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<この本との出会い
 Amazonのお勧め本からです。 Amazonさんありがとう!





<本文の紹介>
 推薦者コメント

 「読み終えるのに3日かかった。一気に読むには、感動が大きすぎる」
 -七田眞(七田チャイルドアカデミー校長)

 「奇跡は普通の人にも起こるんだ!人生を変えるヒントがこの本にはいっぱい詰まっている」
 -五日市剛(『ツキを呼ぶ「魔法の言葉」著者』)


 『涙の数だけ大きくなれる!』への激励の言葉

 「光り輝く国」を意味する『ジパング』。しかし今、日本の社会は非接触サービスであふれ、輝きを
 失いつつある。自動販売機、音声サービス、ATMなど。言葉を交わすことなく日常が過ぎ、心の交流が
 希薄になっていく社会。そして、増え続ける悲しい事件。今こそ日本人のやさしさと慈しみの心を見つめ
 直す時だろう。子どもを大人に、大人を社会人に成長させるもの、それは瑞々しい感性としなやかな心、
 そして熱い涙。 うれし涙、悔し涙、悲しい涙・・・。涙は人の心にスイッチが入る大事な瞬間だ。
 この本との出会い、そのことを痛感した。

 -高野登(ザ・リッツカールトン・ホテル・カンパニー日本支社 支社長)


 素晴らしい本に出会いました。現在の中学・高等学校の教育を支える先生方にとって、生徒の心に
 火をつけることに自信を持てるようになるはずです。
 保護者の方にとっても、子どもへの愛情がさらに深くなるでしょう。
 『涙の数だけ大きくなれる!』には、そんな力があります。

 -長塚篤夫(日本私立中学高等学校連合会 常任理事、順天中学・高等学校 校長)


 まるで心の宝石箱をひっくり返したような、キラキラの感動に満ちあふれた書!
 どのページを開いても泣けてしまいました。
 これからは一人ひとりの「本気」が問われる時代、このような本こそ未来意識へのパスポートだと思います。

 -福田純子(笑顔共和国大統領)






 凄く素敵な本です。泣けます!涙を流すと心はすっきりしますね~。涙には心をリセットする効果があるそうです。
 小さな子どもが、泣いた後にすぐ笑い遊びだすのも、涙にリセット効果があるからだそうです。
 私もじっくりこの本を読み、リセットさせて頂きました。6万人以上が涙したと本の帯に書かれているのですが、
 きっと本当ですね。木下さんは塾の講師で、超難関高校への合格率も高いのですが、その根本には、
 生徒たちの心を揺さぶるメッセージがあったからなのですね。喜多川さんも塾の講師で、学ぶことの意味や、
 働くことの意味について、「手紙屋」という著書で書いてますが、木下さんも働くことの意味や、学ぶことの意味を
 生徒たちに伝えています。この辺りを明確に説明することで、生徒達のやる気や本気度が違ってくるのですね。
 この本は全部で10個のストーリで、5章構成です。第1章は「仕事がイヤになったら」で3つのストーリー。
 第2章は「仕事がつまらなくなったら」で1つのストーリー、第3章は「人間関係に悩んだら」で2つのストーリー。
 第4章は「あなたにできることは何か?」で2つのストーリー、第5章は「あなたが大きくなるために・・・」で
 2つのストーリーとなってます。この各章の何かに心あたりがある方は是非ともお読みください。

 それでは!

 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
木下晴弘 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。