So-net無料ブログ作成
福島正伸 ブログトップ

『理想の会社』 ~福島正伸~ [福島正伸]

 福島正伸がいちばん書きたかった本

 500社以上の企業支援
 の中で出会った
 「まさか!」という感動の実例をもとに描いた
 理想の会社像


<著者のご紹介>
 著者のご紹介は過去記事を参照してください → 『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』へ


<この本との出会い>
 Amazonのお勧めメールで知り購入しました。





<本文からご紹介>
 「理想の会社」物語を講演会などで紹介しますと、驚くべきことに、その日からすぐにつくり始める
 方々もいらっしゃいます。

 ある日、何度も私の講演会を聞きに来てくださった方から、
 「是非、これを見てください!」といって、一枚のDVDを渡されました。
 後に、その映像を見て、私は大変感動しました。
 写真とともに言葉がスクロールしてくるだけのものですが、一つの物語を通して、仕事の意義、
 社会的存在価値が、だれにでもわかるようにつくられています。
 その方は自動車学校を経営されているのですが、会社が目指している価値を感覚的に理解できる
 素晴らしいものでした。
 これを見たら、お客様から信頼されるだけでなく、働くスタッフにとっても、それは自分たちの仕事に
 誇りを持つことにつながると確信しました。
 以下に、その内容をご紹介したいと思います。
 これだけでも十分に、仕事の意義がおわかりいただけると思います。



 【理想の会社】

 「彩華~!
  早く起きなさいよ!!
  学校遅れるわよ~!!

 「わかっているよ!!
  今起きるよ!!」

 「あっ!
  今週の日曜日に、
  お父さんと三人で買い物に行くから
  予定空けておいてね」

 「え~!?
  私もう18歳だよ~!!
  親と出かけるなんて~!!
  それに友達と遊ぶ約束してるから
  お母さんたち二人で行ってきなよ
  もう行くね!!
  行ってきま~す!!」

 「あっ・・・
  んもう。
  お父さんも何か言ってくださいよ!」

 (さやか~)

 「あっ!有紀~! おはよう!!」

 「彩華おはよう!!
  もうすぐで、教習所も終わりだね!」

 「うん!!
  今週、卒業検定で、
  合格したらすぐ免許センター行くんだ!!
  早く免許欲しくて!!」

 「そうだ!!
  ねぇ! 彩華が免許とったら
  みんなで出かけようよ!!」

 「いいね~!!
  あっ!
  テーマパーク行こうよ!!」

 「楽しみだね~!!」

 やがて彩華さんは
 卒業検定に合格し
 その日の卒業式で・・・

 「皆さん
  卒業おめでとうございました」

 学校長が卒業の挨拶を終えた後、
 最後に、
 その学長は

 不思議なお話を始めました・・・

 「今から18年前に卒業した
  菊池さんという方がいらっしゃいまして・・・」

 (18年前)
 「菊池さん!
  合格おめでとうございました!」

 「先生ありがとうございました!!
  おかげさんで、無事卒業することができますよ」

 「菊池さん・・・
  最後に一つだけ教えてほしいことがあります。
  どうして菊池さんは
  入校してから卒業するまで
  ただの一日も休まず
  他のどのお客様よりも
  頑張っていたんですか?」

 「いや~・・・
  たいした話じゃないんですが・・・
  実はね先生・・・。
  うちにもようやく子供ができまして・・・
  それがもう
  目がパッチリしていて
  とってもかわいい女の子なんです!
  名前が
  華を彩る
  って書いて、
  彩華っていうんです!!」

 その時彩華さんは気づきます。
 私のお父さんだって!

 (昔、お母さんから聞いたことがある。
  お父さんは、仕事が忙しくて、
  私が生まれるまで、免許を持っていなかったって)

 「いや~先生・・・
  私ね・・・
  ささやかだけど、夢があるんです。
  その夢っていうのは、
  私、仕事忙しいでしょ
  だから、彩華と
  全然遊んであげられなくて・・・
  せめて休みの日くらいさ~
  私が運転して、
  かみさんと彩華を乗せて
  いろんなとこに、行くんです!!
  春は、山に行って
  夏は、海に行って
  秋は、紅葉でしょ!
  そして、冬はスキー
  でも、まだ早いかな・・・
  それでね、
  買い物なんかも三人で行きたいな~
  そんな・・・
  ささいなことなんですけど・・・
  私にとったら
  それは、
  一番幸せな夢なんですよね!」

 彩華さんは、
 ずっと下を向いたまま・・・
 肩を震わせていました。

 その後、彩華さんは、
 無事に免許証を手にしました。
 早速、友人の有紀さんに報告すると、

 「彩華やったね~!
  じゃあ!
  無事に免許とったことだし
  今週の日曜日に
  みんなでテーマパークだね!!」

 「あっ・・・
  有紀ごめん・・・
  ごめん!!
  その日、
  どうしても外せない
  用事を思い出しちゃって!
  必ず埋め合わせするから!!」

 「え~!!??   あんなに楽しみにしてたのに
  どうしたの彩華!!」

 「ごめん有紀!!
  私、先帰るね!!」

 「ちょっ! ちょっと彩華~!!」

 「ただいま~!!」

 「あっ おかえりなさい
  早かったね~
  それでどうだった試験は?」

 「えっ。
  あ~・・・うん。
  あっ・・・
  あっと・・・
  ・・・お父さんは??」

 「えっ?
  お父さんなら、お茶の間にいるでしょう」

 「お父さん、ただいま!」

 「・・・あっ。おかえり」
 「あの・・・
  お父さんさ~
  今度の日曜日に・・・
  え~っと
  三人でさぁ~
  買い物にでも行こうよ。
  私、免許とったばかりだし
  隣に乗ってよね!
  それとお父さん・・・
  私が生まれたとき・・・
  とても想ってくれて
  ・・・ありがとう・・・」

 彩華さんの目からは、
 涙があふれていて、
 こんな短い言葉さえ、
 ちゃんと言えませんでした。

 でも、お父さんも・・・
 それは同じでした。

 運転が生み出す幸せは
 無限大にあります。

 私たちは、
 そんな夢のあふれる仕事をさせていただいている。

 皆様の、
 最高の思いでをつくりだすことのできる運転。

 今日もたくさんの幸せが生まれている・・・

 ありがとうございます。

 茨城県西自動車学校







 本文から紹介した内容の動画は見つけれなかったのですが、 茨城県西自動車学校の素敵な動画が
 YouTubeにありましたのでご紹介いたしました。
 さて、この本ですが、理想の会社について書かれているのですが、おそらく、福島さんが出会った
 素敵な会社の素敵な出来事を組みをあわせて、理想の会社の物語を記述しているので、
 おいおい、こんな会社はまさしく理想だよ!現実では無理無理と感じてしまいますが、
 それを言っては元も子もないはずなので、その理想の会社にいかに近づけていけるかの、道しるべと
 なる本なのではないでしょうか。 実際茨城県西自動車学校のお話を本文からご紹介しましたが、
 こんな経営者がこんな素敵な考えで、会社のことや社員、生徒の事を考えてくれると、きっと
 理想の会社に近付いていくのではないかと思いますね。
 また、福島さんはこの本の中で、CSではなくTS(Total Satisfaction)だと書かれております。
 これはまさにその通りだと思いますね。CS(顧客満足)を追求していっても、その先の顧客以外に
 不利益な事になるようでは、いけないということなんですよ。目の前の顧客を大切にするあまり、
 その先の利用者が不利益になるようなことでは、顧客だけ満足にすぎないということです。
 これは心にとどめておかなければならない考え方だと思いました。
 世の中はCS、CSと騒ぎ立てておりますが、本当に顧客のためになるサービスについて真剣に
 考えなければならない時代になってきているのではないかと思いました。





タグ:素敵な会社
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『どんな仕事も楽しくなる3つの物語』 ~福島正伸~ [福島正伸]

「駐車場の管理人」「タクシー運転手」「ペンキ屋」著者が出会った3人が教えてくれる、「仕事」と「人生」を輝かせるヒント。


どんな仕事も楽しくなる3つの物語

どんな仕事も楽しくなる3つの物語

  • 作者: 福島 正伸
  • 出版社/メーカー: きこ書房
  • 発売日: 2008/03/28
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 福島正伸(ふくしま まさのぶ)

 1958年東京都墨田区生まれ。早稲田大学卒業後、コンサルト会社に就職するも同月退社。
 その後、様々な事業に挑戦し、1988年株式会社就職予備校(現・アントレプレナーセンター)設立、
 代表取締役に就任。通産省産業構造審議会委員を始め、数々の委員を歴任。

 自立型人材の育成、組織活性化や新事業立ち上げ、地域活性化支援の専門家として、これまで
 20年以上に渡り、日本を代表するいくつもの大手企業、全国の地方自治体や大前研一の「アタッカーズ・
 ビジネススクール」などで、約5000回、延べにして20万人以上に研修、講演を行う。受講者からは
 「人生が変わった」という声が後をたたない。

 「他人の成功を応援すること」を生きがいとしており。企業経営者、ビジネス書のベストセラー作家など、
 多くの人から「メンター」と慕われている。

 主な著書に「メンタリング・マネジメント」「起業家精神」「感動と共感のプレゼンテーション」「起業学」
 「小さな会社の社長のための問題解決マニュアル」など。

 メールマガジン「夢を実現する今日の一言」配信中。 → まぐまぐからご登録ください!



メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術

メンタリング・マネジメント―共感と信頼の人材育成術

  • 作者: 福島 正伸
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 単行本



起業家精神―不可能を可能にするバイブル

起業家精神―不可能を可能にするバイブル

  • 作者: 福島 正伸
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1995/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



小さな会社の社長のための問題解決マニュアル

小さな会社の社長のための問題解決マニュアル

  • 作者: 福島 正伸
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2007/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



<この本との出会い>

 後輩が本屋で見つけて、紹介してくれました。  素敵な本をいつもありがとう!





<本文からご紹介>

 福島さんから聞いて知っていたお話なのに、あらためて読んで涙が止まりませんでした。
 「仕事を通じて感動的な人生を実現できる!」ということを、この本によって多くの人が気づき、
 日本がますます元気になっていくことを確信しました。

   「鏡の法則」の著者 野口義則 さん

 福島さんの最新刊やばいですね!!
 いきなりひきこまれますね。
 日本国民全員がこの本を7回読めば、日本は生まれ変わってしまう!!っと思いました。

  「3秒でハッピーになる 名言セラピー」の著者 ひすいこたろう さん

 「人であふれた駐車場」の話を、初めて聞かせていただいた時、涙が止まらなかった・・・。
 それは、私たちが日々、人生の多くの時間を費やしている仕事の存在意義を、認めてくれる瞬間だった
 からだと思う。人はそういう時に、がんばれるようになる。そんな力をくれる、ステキな一冊でした。
 福島さんありがとう!

  「戦わない経営」の著者 浜口隆則さん



 
 タイトルである3つの話は、「駐車場の管理人」「タクシー運転手」「ペンキ屋」さんが主人公の話です。
 どのお話もこころ温まり、仕事に関する考え方を改め直す素敵なお話です。
 まさにどんな仕事でも、考え方や誰のための仕事かを強く思うことで楽しくなるのですね~。
 決して、ここに登場する人々は特別な人なのではなく、ほんの少し仕事に対する考え方を変えるだけで、
 どんな仕事でも、きっと素敵で楽しい仕事になるはずなのですね。
 仕事に希望や誇りを持たずに、何となく働いている、むしろお金のために働いている人は是非ともこの本を
 一度読んで欲しいな~っと思います。あと喜多川さんの「手紙屋」もお勧めです。
 これらの本を読む人が増えれば、まさに、自分の周りが変わり、家族が変わり、会社が変わり、地域が変わり、
 日本が変わって行くのでしょうね~。



 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
福島正伸 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。