So-net無料ブログ作成
オグ・マンディーノ ブログトップ

『十二番目の天使』 ~オグマンディーノ~ [オグ・マンディーノ]


 ”ティモシー、ありがとう!!”

 最近、何に感動しただろう…


十二番目の天使

十二番目の天使

  • 作者: オグ マンディーノ
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本



<著者のプロフィール>
 1923年生まれ。
 世界中で最も多くの読者を持つ人生哲学書作家。
 米国屈指の講演家としても活躍。
 1968年サクセス・アンリミテッド社の社長を務めるかたわら、
 『この世で最も偉大なセールスマン』を執筆し、文壇にデビュー。
 以後、次々とベストセラーを世に送り出す。
 1996年突然他界したが、いまだに着実に読者を増やし続けている。
 生涯で19冊の本を執筆。
 1997年時点で、既に総売上部数が3500万部を超える。



<その他の著書>
 『この世で一番の奇跡』
 『この世で最も偉大なセールスマン』
 『あなたに成功をもたらす人生の選択』


<著者のHomePage等>
 オグマンディーノのHomepage(英文)
 
<この本との出会い>
 オグマンディーノの本は何冊か読んでいて、久々に自己啓発ファンタジーが
 無性に読みたくなり購入しました。


<本の構成>
 目次

 1 幸せなひととき
 2 絶望のどん底
 3 ビルの最後の説得
 4 傷だらけの茶色いボール
 5 ティモシー・ノーブル
 6 ジョン・ハーディング監督
 7 新生エンジェルス
 8 毎日、毎日、あらゆる面で…
 9 ティモシーの手痛いエラー
 10 新品のグローブ
 11 勇敢な天使
 12 伝説のメッセンジャー先生
 13 土曜日の優勝決定戦
 14 ずっと前から知っていた
 15 絶対、絶対、あきらめない!

 訳者 あとがき
  
 ページ数 268ページ
 読書時間 3時間


<以前紹介した著書>
『オグ・マンディーノ人生を語る』

 
『この世で一番の奇跡』

 
<関連動画>
 なし



<関連記事>
 なし





<本文からのご紹介>

 涙なくしては読めない物語…

 さあ、これでいい。準備は整った。
 弾丸を込めた弾倉を拳銃に戻す。
 さあ、急ぐんだ! もう何も考えるな!
 やるんだ! 私は拳銃を持ち上げ、撃鉄を起こし、
 銃口をこめかみに押し当てた。

 「ああ、神よ……」私はすすり泣いていた。
 「どうかお許しを」
 引き金に掛った人差し指に力が入る……
 とそのとき……ある天使が……そう、まさしく天使が……
 私の命を救ってくれた。


 『十二番目の天使』本文より




 自己啓発ファンタジーがとても好きで、久々に読みたくなり、どれにしようかと
 迷っていましたが、オグマンディーノさんの著書から選らんでみました。
 やはり、いいですね自己啓発ファンタジー!
 今回の『十二番目の天使』は、少年野球を題材に、とても素晴らしい教えを散りばめ
 ながら、最後は感動で、涙なしには読むことが出来ない、素敵な内容です。
 やはり、自己啓発ファンタジーは本文からの紹介が難しいので、あまり紹介出来ませんが、
 是非とも読んでみてください。  
 野球好きの方もそうですが、野球のルールを知らない人でも、本のカバー裏に基礎的な
 野球用語と野球場の解説が掲載されていて、とても親切です。
 ジュニア版である『十二番目の天使-小さなチャンピオン-』もあるので、
 小学生にもお勧めですね。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『オグ・マンディーノ人生を語る』 ~オグ・マンディーノ~ [オグ・マンディーノ]

もっといい生き方があるはずです! 
挫折と成功、そのすべてを現実に体験した者だけが語れる、本物の成功法則

オグ・マンディーノが自らの人生をもって証明した、失敗を糧に、確かな成功を手にする秘訣。
世界中で今なお読みつがれている、真の幸福と成功を説いた永遠不変の法則


オグ・マンディーノ 人生を語る―偶然を奇跡に変える17のルール

オグ・マンディーノ 人生を語る―偶然を奇跡に変える17のルール

  • 作者: オグ・マンディーノ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/12/12
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 著者のご紹介は以前の記事を参照してください。 → 『この世で一番の奇跡』へ

<この本との出会い>

 以前「この世で一番の奇跡」を読んでおり、立ち寄った本屋でこの本を見かけ購入しました。





<本文からご紹介>

 「人生というゲーム」のルール17

 ルール1  恵まれている点に目を向ける
 ルール2  給料以上の働きをする
 ルール3  過去の失敗や不幸を引きずらない
 ルール4  一日の労苦は円満な家庭でいやす
 ルール5  楽天的考えを土台に今日という日を築く
 ルール6  行動に自分を語らせる
 ルール7  「今日の不幸」に「明日の幸福」のじゃまをさせない
 ルール8  時間は「小事」に浪費せず「大事」のためにとっておく
 ルール9  「今日は自分の最後の日」と思って生きる
 ルール10 「今日一日かぎりの命」のつもりで人に接する
 ルール11 自分や人生を笑う心のゆとりをもつ
 ルール12 小さなことをおろそかにしない
 ルール13 毎日、朝を笑顔で迎える
 ルール14 大きな夢も毎日、少しずつやれば達成できる
 ルール15 人生をとりしきるのは、あなた
 ルール16 災いの中に「福の種」を探す
 ルール17 真の幸福はあなたの内にある





 この中から 「ルール12 小さなことをおろそかにしない」 をご紹介します。

 ルール12 小さなことをおろそかにしない

  あとひと手間、余分にもう何分かを
  耳に心地よい賞賛や感謝などの優しい言葉を
  全力をつくすことを ―――
  そうした努力や労を惜しまないようにすることが大事です。
  人がどう思うかは問題ではありません。
  かんじんなのは、あなたが自分をどう思うかです。
  手抜きをしたり責任を回避したりすれば
  最善をつくすことはできず
  それがあなたという人間を表すレッテルになってしまいます。
  あなたは特別なのです。 それを行動で示すのです。
  小さなことをおろそかにしてはなりません。


 先生、学生、工員、販売員、幹部、親、コーチ、スポーツ選手、タクシーの運転手、エレベーターの乗務員、医者、弁護士 ――― あなたがこの世でどんな仕事に挑戦していようと、日々の糧を得るために、やむをえずどんな仕事をしていようと、絶対に小さなことを軽視してはいけません。
 確かに私たちは光より早く移動するような時代に生きています。そして、こうした粗雑なせわしない世の中にあって、それですむと思ったら、ついつい手抜きをして、業務のいくつかを果たさずにすませがちです。私たちは歴史の教訓や賢人の警告を忘れています。何をするにも、小さなことに抜かりがあると、悲惨な結果になりかねないのです。
 エジソンは小数点を打つ場所を間違えたがために、貴重な特許をとりそこないました。ロバート・ドゥビンセンドは、間違った得点が記入された得点表に、確認の手間を惜しんで署名したばかりに、マスターズ・トーナメントで敗北を喫しました。そして、あなたはきっとその昔、ベンジャミン・フランクリンの名言を暗誦したはずです。「釘が一本なくなり、蹄鉄はどうしようもなくなった。蹄鉄がなくなり、馬はどうしようもなくなった。馬がなくなり、騎士はどうしようもなくなった。騎士がいなくなり、戦いはどうしようもなくなった。」




 
 オグ・マンディーノさんの作品は世界中で読まれている名著なのですが、そのマンディーノさんに
 こんなに過酷な挫折の人生があったことは知りませんでした。35歳の時アルコール依存症で、
 ホームレスの生活、その時自殺まで考えた彼が何をきっかけに、ここまで這い上がることが
 できたのか、その事実をあますとこなく披露しております。
 これまでの人生で悟った、偶然を奇跡に帰る17のルールもとても心に響きます。
 今回はその中から、「小さなことをおろそかにしない」をご紹介しました。
 本当に大切な事だと思うのですよね~。 この”小さなことをおろそかにしない”と
 ”給料以上の働きをする”の2つのルールを日々心に刻み仕事をしていくのと、何となく与えられた仕事を
 こなしていくのとでは、将来の成長度がまったく違うんですよねきっと。
 そのほかにも素敵なルールが盛りだくさんです。 まあいきなりすべてを行動に移すことは難しいのですが
 これらを知っているのと知らないのとでは、様々な事への取り組み方が変わりますよね。
 出来れば、「この世で一番の奇跡」などの他の著書を読んだあとに、この本を読んでみて下さい。
 その方がこの本で紹介されている、人生のルールの理解度が上がりますね。

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『この世で一番の奇跡』 ~オグ・マンディーノ~ [オグ・マンディーノ]

若い日の夢を踏みにじられ、安全な日々とのひきかえに自分の可能性を手放し、
よりよい人生を求めようとしなくなった人々―
他人だけでなく自分にさえ捨てられてしまった廃品同様の人間を、生きる屍のような状態から
甦らせるのが、その老人の仕事だった。そして人生に疲れた主人公が、その老人と出会って
起こった奇跡とは・・・。世界的ベストセラー作家が贈る包容力にみちた、大人のための物語。


この世で一番の奇跡

この世で一番の奇跡

  • 作者: オグ マンディーノ
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1999/02
  • メディア: 単行本



オグ・マンディーノ 人生を語る―偶然を奇跡に変える17のルール

オグ・マンディーノ 人生を語る―偶然を奇跡に変える17のルール

  • 作者: オグ・マンディーノ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/12/12
  • メディア: 単行本



十二番目の天使

十二番目の天使

  • 作者: オグ マンディーノ
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2001/04
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 オグ・マンディーノ(Og Mandino)
 1923年、ボストン生まれ。高校卒業後、空軍に入隊。
 その後、メトロポリタン生命保険、シカゴコンバインド保険勤務を経て、
 65年にシカゴ「サクセス・アンリミティッド・マガジン」編集長に就任。
 72年から76年まで、同社の代表を務める。そのかたわら、「世界一のセールスマン」を執筆し、
 文壇デビュー。「この世で一番の奇跡」は彼の第2作目。以後、次々とベストセラーを世に出し、
 世界で最も多くの読者を持つ自己啓発書作家として知れ渡る。
 また、米国屈指の講演家として活躍。96年に突然他界。生涯で19冊の本を執筆し、
 世界22カ国で3600万部売れたと言われ、いまだに着実に読者を増やし続けている。
 他翻訳本に「この世で一番の贈り物」「人生は素晴らしいものだ」
 「あなたに成功をもたらす人生の選択」「十二番目の天使」などがある。


<この本との出会い>

 喜多川泰さんの「上京物語」で推薦図書として紹介されていました。
 素敵な本の、ご紹介ありがとうございます。





<本文からご紹介>

 新しい人生に入っていくのを恐れてはなりません。
 崇高なことをなしとげようとすると必ずリスクがともないます。
 リスクを負うのを恐れる者は、崇高なことをなしとげようと期待してはなりません。
 今やあなたは、自分が奇跡であるのを知っています。
 奇跡には恐怖はないのです。

 自分の恵みに感謝しなさい。
 自分のかけがえのなさを主張しなさい。
 自分の枠を超えなさい。
 選ぶ力を賢く用いなさい。


   本文より抜粋





 喜多川泰さんの「上京物語」の中の推薦本です。
 世界で一番読まれている自己啓発書として、さすがに素敵な内容です。ハートにビンビンきます。
 さらに「オグ・マンディーノ人生を語る」も購入しました。
 本の内容としては、ベストセラー作家が、自暴自棄になったり廃品同様となった人々を救う事を仕事に
 する一人の「ラグピッカー」と出会い語り合うお話です。ラグピッカーは”神の覚え書き”をオグに託します。
 その神の覚え書きは、今日発売されている自己啓発書の元になるような内容なんですよね~。
 でも、やはり洋書ですので基本は神への信仰となるので、私はそこを神ではなく、
 サムシンググレート(偉大なる何者か)と解釈して読んでおります。
 まあ、その点はそれぞれの解釈として、やはり自分が五体満足で生まれ、見ることが出来、
 聞くことが出来、触ることができ、歩くことができ、食べることができることが当たり前と思ってましたが、
 その当たり前のことが出来ることが奇跡なんですね~。もし自分の目が見えなくなり、ある時ほんの
 1分でも目が見えるようになった時は、どんなに目が見えるということに感謝することでしょう。
 そんなことを気づかせてくれる一冊なんですよね~。

 




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
オグ・マンディーノ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。