So-net無料ブログ作成
エンリケ・バリオス ブログトップ

『もどってきたアミ』 ~エンリケ・バリオス~ [エンリケ・バリオス]

続編でも何度泣いたことか。 私の本が好きで読んでくださっている皆様におすすめしたい。 さくらももこ


もどってきたアミ―小さな宇宙人

もどってきたアミ―小さな宇宙人

  • 作者: エンリケ バリオス
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2000/12
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 著者のご紹介は以前の記事を参照してください → 『アミ小さな宇宙人』へ

<この本との出会い>

 1作目である『アミ小さな宇宙人』が面白かったのでその続編も購入しました。




<本文からご紹介>

 アミの思い出

 ぼくの名前はペドゥリート・X。 本当の姓を明かさずに、”なぞめかして”Xと書いておく理由は、もうみんな知っているはずだ。

 ぼくはまだ小学生の子どもだ、だからもちろん独身、だけど、とても有名になった一冊の本を書いた。
 『アミ小さな宇宙人』というその本は、正確にいえば、ぼくが話したことを、小説を書くのが趣味のいとこが筆記したものだ。
 ぼくのいとこビクトルは銀行ではたらいていて、時間を見つけてはぼくの家にきて、ちいさなタイプライターを打った。こうして『アミ小さな宇宙人』はできあがった。
 ビクトルはぼくのこの本のことを、子どもむけの、たんなるバカげたおとぎ話だと思っている。なぜ彼がこの仕事を引きうけたかというと。いつかそのうち”ほんとうの本”、もっとずっとまじめな本を書くときの練習になるからだという、彼が書こうとしてたのは、”知的欲求不満者の苦悶”とかいう、なんだかとてもたいくつでつまらなそうなものだった。
 でもビクトルは、この星や”UFO”やそして愛をあつかったぼくの『アミ』が成功したもんだから、こんどはさらにひろい宇宙を舞台にした小説を書こうと考えている。
 だから、ぼくがどうやって宇宙や宇宙人のことを想像したのか、とても知りたがっている。ぼくはただ自分が見たものを話しただけであって、かってに想像したことじゃないといつも言っているのに、まったく信じようとしないで、ぼくのことを、つくり話をでっちあげる名人だと言っている。でも、ぼくが『アミ』の中で語ったことには、ひとかけらのつくり話もまじっていない。
 アミは実在している。彼は宇宙のはるかかなたの遠い星からやってきた、ぼくの友だちなんだ。




 一作目の『アミ小さな宇宙人』も素敵な内容でしたが、二作目もとても素敵な内容です。
 アミとの前作での出会いに不安を感じたペドゥリートに、再び『アミ』が現れる、その再会のシーンは、
 「来た~」って感じです。その後前作で少し触れられた女の子が登場し、ペドゥリートととのロマンスに
 発展します。でもやはり何と言っても、宇宙の基本法則についていろいろな形で紹介しています。
 その内容がなるほどと思えるほど素敵な内容なんですよね~。一作目は前振りで二作目はその内容を
 より具体的に表現しているという感じです。 でははたして三作目はどんな内容なんでしょうね~。
 


 
 



タグ:小説 宇宙
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『アミ 小さな宇宙人』 ~エンリケ・バリオス~ [エンリケ・バリオス]

地球って、まだ野蛮な惑星?! どうして!?
世界中のおとなと子どもに愛されて、世界11カ国語に訳された、心あたたまる愛のメッセージ。


アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

アミ小さな宇宙人 (徳間文庫)

  • 作者: エンリケ・バリオス
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 文庫



<著者のご紹介>

 エンリケ・バリオス(Enrique Barrios)
 作家。チリ生まれ。若い頃より道を求め、世界中を渡り歩く。
 39歳のとき、自らの使命をさとり、著述の道に入る。
 「アミ 小さな宇宙人」は、作者の友人の名もない小さな印刷所から86年出版され、
 チリでたちまちベストセラーの座をしめるに至る。
 その後、11カ国語に翻訳され、世界中で静かなアミブームを巻き起こしている。
 この本の美しいメッセージが世界中に浸透することが作者エンリケ・バリオス氏の最大の
 願いである。「もどってきたアミ」「アミ3度めの約束」など著書多数。


<この本との出会い>

 この本は何度かいろいろな所でいろいろな方々が紹介されていましたが、
 なかなか実際に読む機会がありませんでした。本当に何となく今回購入してみました。





<本文からご紹介>

 第1章 墜落UFO

 去年の夏のある日の午後が、はじまろうとしていた。
 そこはほとんど毎年、おばあちゃんとバカンスに出かける海辺の温泉場で、その夏は小さな木造りの家を 借りることができた。家の中庭には松の木やユーカリの木がたくさんあり、庭のまわりには、色とりどりの花がたくさん咲いていた。家は海のすぐ近くにあり。海にむかう小道に面していた。

 もう、夏も終わりかけていたので、ひとの数もまばらだった。ぼくのおばあちゃんはいつも、このころ、バカンスに行くのが好きだった。そのほうがずっと静かだし、ずっと安あがりだとよく言っていた。
 夕闇がせまっていた。
 ぼくは人気のない海岸の高い岩の上にすわり、ひとり海をながめていた。
 とつぜん、頭の上の空に赤い光が見えた。
 さいしょは、照明弾かまつりのときなどによく見かける花火かなと思った。それは、火花をちらし、色を変えながら、だんだんとこちらのほうにむかっておりてきた。ずっと下まできたときに、大きさが小型飛行機かそれ以上であるので、照明弾でも花火でもないことがはっきりした。

 海岸からおおよそ50メートルくらい、ちょうどぼくのいる正面の海中に、それはなんと音もたてずに落ちた。ひょっとして飛行機事故の現場を目撃してしまったのではないかと思って、空を見あげてパラシュートをさがしたが、何も見えなかった。あたりにはまったく人影もないし、海岸の静けさをかきみだすような物音ひとつしなかった。
 ぼくはとてもこわくなってきて、走っておばあちゃんに知らせに行こうかと思った。でも思い直して少しようすをみることにした。
 なにも見えてこないのであきらめて帰ろうとしたとき、ちょうどそれが落ちたあたりのところになにか白く浮き上がったものが見えた。だれかが泳いでこっちにやってくる・・・。きっと助かったパイロットだろう。岸までついたら、手を貸してやろう。
 軽快に泳ぐようすを見て、たいしたケガではなさそうだ。
 ずっと近づいてきたとき、それが子どもであることがわかった。岩にたどりつき、のぼり始める前に、とてもひとなつっこい目でぼくのほうを見あげた。たすかったことをとても幸運に感じているらしく、たいしたショックも受けてないようすなので、ぼくも少し安心した。
 ぼくのところまでたどりつき、ぬれたかみの毛の水気をふりきってから、ニッコリとほほえんだので、ぼくもやっと平静にもどった。善良そうな子どもの顔をしていた。 ・・・・・・・ 





 エンリケ・バリオスさんはチリの作家で、どんな内容でちゃんと意味が理解できるか不安も
 ありましたが、訳者の石原彰二さんの翻訳が素敵で、とても読みやすく理解しやすい内容に
 なってます。さらに、さくらももこさんが文中の絵を担当していているので、イメージが湧きやすく
 小学校高学年であれば十分読んで楽しい一冊なのではないでしょうか。
 この本は主人公ペドゥリートと宇宙人アミのお話です。
 宇宙人アミが、ペドゥリートに宇宙の基本法則について理解してもらうため、さまざまな体験をさせます。
 世界中を一瞬で旅したり、他の惑星に行ってみたり・・・・。そのたびを通して、ペドゥリートは宇宙の基本
 法則を理解していくこととなるのです。あとがきにさくらももこさんが記述しておりますが、宇宙人と言えば
 なぜか悪い何かを企んでいるイメージの作品が多い中、数少ない、よい宇宙人が登場する作品です。
 こんな素敵な本を子どもと読み、一緒に宇宙の基本法則について考えることが時には必要なのでは
 ないでしょうかね~。






タグ:小説 宇宙
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
エンリケ・バリオス ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。