So-net無料ブログ作成
検索選択
池谷裕二 ブログトップ

『単純な脳、複雑な「私」』 ~池谷裕二~ [池谷裕二]

『進化しすぎた脳』を超える興奮!ため息が出るほど巧妙な脳のシステム。
私とは何か。 心はなぜ生まれるのか。 高校生とともに脳科学の深海へ一気にダイブ。
「今までで一番好きな作品」と自らが語る感動の講義録。


単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」





<著者のご紹介>
 著者のご紹介は以前の記事を参照してください → 『のうだま』へGo


<この本との出会い
 以前読んだ、水野俊哉さんの『「ビジネス書」のトリセツ』で紹介されて購入しました。




<本文からのご紹介>

 2-38 「心が痛む」ときは、脳でほんとに痛みを感じてる
 これを端的に示す実験がある。たとえば、3人でバレーボールテレビゲームをやってもらう。
 対戦相手である2人のプレイヤーは自分からは見えない。モニタを通してトスゲームをやって
 もらうわけだ。トスゲームだから、全員が味方だね。3人でボールを回しあって、自分のところに
 きたら、別のプレイヤーにボールを返してあげる。
 さて、この実験では、対戦相手の2人はグルなんだ。というか、実は2人はコンピュータなの。
 本人は知らないんだけど、単にコンピュータ相手に遊んでいるだけだ。
 そこで意地悪なプログラムを組んでおく。最初は3人で楽しく遊んでいるんだけど、あるときを境に、
 本人にボールを渡さないようにする。つまり、ほかの2人同士でゲームを楽しんでいて、本人だけが
 「のけ者」になった状況になる。そのときの気持ちは想像できるよね。仲間はずれにされると、
 誰だって淋しくて胸が締めつけられるような、とってもイヤな心境になるでしょう。
 実は、この実験は「のけ者にされたときの脳の反応を調べる」という研究。そんな状況に置かれた
 ときの脳の反応をMRIで測定してみたわけ。そしたら、驚くことに、<痛み>に反応する脳部位と
 同じ領野が活動したんだ。
 よく「心が痛む」「胸が痛む」と言うけど、まさに言葉通り「痛い」ってわけ。「心が痛む」という
 比喩的表現は日本語だけでなくて、世界中にわりと共通した表現みたい。つまり、脳から見ると、
 仲間外れにされたときの不快な感情は、物理的な「痛み」と同質なものだといえる。

   -さっき痛みを感じない人が出てきましたが、その人はのけ者にされても痛みを
  感じないってことですか。 

 おお、いい質問だね。そういうデータは聞いたことがない。おそらく実験としてまだやられていない
 のだと思う。でも、とてもいい視点だね。この仮説を検証するという意味で、ぜひとも必要な実験だ。
 ところで、<痛み>の感覚は、元来は「のけ者にされたくない」という感情をつくるために生まれた
 わけじゃないよね。あくまでも身体が損傷を受けていることを素早く感知して、その<痛み>を
 避けるためにつくられた感覚システムだ。
 しかし、そのよくできた「痛感システム」を、ただ痛み検出のためだけに使うのはもったいないよね。
 実際、ヒトになると、このすぐれて敏感ば痛感システムは「社会的な痛み」の検出にも使われる
 ようになったというわけだ。






 この本は池谷さんがアウトリーチ活動の一環として母校で行った講演会の内容が収録されております。
 全校講演と9名の生徒への3回の講演で構成されており、高校生に向けた講演会なのでとても
 わかりやすく読みやすい内容です。
 本文からは「心が痛み」について掲載してみましたがいかがでしょうか?
 痛感システムと心の痛みは別のものと考えておりましたが、実はどちらも同じだと言うことは
 衝撃ですよね。しかも、それがのけ者にされた状態で働くというのは、やはり人は一人では生きて
 いけないということを表しているのではないでしょうか。いじめっていうのは本人の考え方の問題とかを
 指摘する評論家の方がいますが、脳科学的にのけ者にされたと感じると、心が痛むということが証明
 されているということを是非とも知っておいて欲しいですね。
 この他にも、サブリミナルについての実験や、脳のゆらぎの実験、体の仕組みなんかもとても
 面白く是非とも知っておいて欲しい内容です。脳のワーキングメモリは最大7個までしか並行処理
 できないそうです。つまり、何か忙しいな~と感じた時には、やるべきことを洗い出すと、7項目以上に
 なっている状態になっているそうです。脳のゆらぎの例では、アリが餌を探す仕組みを紹介して
 おりますが、この内容がとても解りやすいんですよね。
 内容が盛りだくさんであまり、細かく説明できませんが、この本は是非とも読んでおいて欲しい一冊ですね。





タグ:脳の仕組み
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『のうだま』 やる気の秘密 ~上大岡トメ&池谷裕二 [池谷裕二]

どうして「続ける」ことができないのか? やる気を出させて「続ける」コツは、脳をだますこと。
その秘密は青い玉=淡蒼球にあり!


のうだま―やる気の秘密

のうだま―やる気の秘密

  • 作者: 上大岡 トメ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/12
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 上大岡 トメ(かみおおおか とめ)
 1965年東京都生まれ。東京理科大学卒。一級建築士。大成建設勤務の後イラストレーターに。
 時に漫画も。山口県在住で中学生、高校生の母。柔道初段。32歳で始めたダンスは、ヒップホップを経て
 現在はジャズに。またジャズピアノを弾きたくて、24年ぶりにピアノを再開。英語勉強も継続中で、
 来年は英検準一級を目指す! 単行本「キッパリ!」が120万部を超すミリオンセラーになった。
 他の著書に「スッキリ!」、「みんなのスッキリ!」、「しろのあお」、「しろのあお2」、「ふくもの」、
 「これでもかーちゃんやってます」など多数。


スッキリ!―たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法 (幻冬舎文庫 か 26-2)

スッキリ!―たった5分間で余分なものをそぎ落とす方法 (幻冬舎文庫 か 26-2)

  • 作者: 上大岡 トメ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 文庫



これでもかーちゃんやってます

これでもかーちゃんやってます

  • 作者: 上大岡 トメ
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 単行本



キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法

キッパリ!―たった5分間で自分を変える方法

  • 作者: 上大岡 トメ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>

 池谷裕二(いけがや ゆうじ)
 1970年静岡県生まれ。脳研究者。東京大学大学院薬学系研究科准教授。アルツハイマー治療
 研究から、記憶のメカニズム解明の一端として「脳の可槊性」に注目し、精力的に論文を学会に発表。
 その堅実な実験に裏打ちされた数々の革新的な研究により、文部科学大臣表彰若手科学者賞、
 日本薬学会奨励賞、日本薬理学会学術奨励賞、日本神経科学学会奨励賞など驚異的な受賞歴を
 保持する。最新の科学的知見を一般向けにわかりやすく解説した脳関連啓蒙書の累計部数は
 100万部を超えた。著書に「進化しすぎた脳」、「記憶力を強くする」、「海場」、「ゆらぐ脳」など多数。



進化しすぎた脳 (ブル-バックス)

進化しすぎた脳 (ブル-バックス)

  • 作者: 池谷 裕二
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/01/19
  • メディア: 新書



ゆらぐ脳

ゆらぐ脳

  • 作者: 池谷 裕二
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/07
  • メディア: ハードカバー



海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

  • 作者: 池谷 裕二
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 文庫



 <この本との出会い

  Amazonからの新書のご紹介で知りました。




 <本文からのご紹介>

 三日坊主は当然。 続けられないのは脳があきっぽくできているから。
 だから「やる気」を引き出すためには、脳をだませばいいのです。
 では、どうやってだますのか。 それには脳の中の淡蒼球を動かさなければなりません。
 自分の意志では動かせない淡蒼球を起動させるスイッチが4つあります。

 スイッチ B
  Body (カラダを動かす)

 スイッチ E
  Experience (いつもと違うことをする)

 スイッチ R
  Reward (ごほうびを与える)

 スイッチ I
  Ideomotor (なりきる)


 これらのスイッチを誰でも簡単に気軽に発動させるコツがあります。




 トメさんの「スッキリ」を読みました、池谷さんの「海馬」は読みました。そんな二人が本を出したのであれば、
 読まない訳にはいけません。Amazonからの新書の紹介で迷わず購入し、正月休みに読んでみました。
 池谷さんの話に、トメさんのほのぼのとするイラストで構成されているこの本、面白くない訳はありません。
 とても素敵な本に仕上がってますよ~。 しかもこの新年、何かを始めようかと皆が思うタイミングに、
 この脳の仕組みを知ることは、とても大切ですね~。
 三日坊主は脳がそうさせているのだそうです。キーワードは「馴化(じゅんか)」。(異なる環境に移された生物が、
 次第になれて、その環境に適応した性質をもつようになること)その馴化の働きが三日坊主にしているそうです。
 その馴化、つまりはマンネリ化が起きても継続して続けるためには、脳の中の淡蒼球を働かせれば良く、
 淡蒼球を働かせるためには、4つのキーがあり・・・
 カラダを動かし(B)、マンネリ化しないようにいつもと違うことをし(E)、ご褒美を適度に与え、または褒め合い(R)
 強い思いこみをもってなりきる(I)これらを考えながら継続していけば、三日坊主は克服することが出来るそうです。
 すごい解り易く、思わずなるほどとうなずいてしまいます。 是非とも何かを始めても、長続きしない人は、
 脳の働きを知る上でも一度読んでみるのが良いのではと思います。
 




タグ:脳の仕組み
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
池谷裕二 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。