So-net無料ブログ作成
岩崎夏海 ブログトップ

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 ~岩崎夏海~ [岩崎夏海]

 新人マネジャーと野球部の仲間たちが
 ドラッカーを読んで 甲子園を目指す青春小説!
 

 ドラッカー学会代表 上田惇生氏推薦


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

  • 作者: 岩崎 夏海
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2009/12/04
  • メディア: 単行本



<著者のプロフィール>
 岩崎 夏海(いわさき なつみ)
 1968年生まれ。東京都日野市出身。
 東京藝術大学美術学部建築学科卒。
 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。
 放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』
 『ダウンタウンのごっつええ感じ』等のテレビ番組の制作に参加。
 アイドルグループ「AKB48」のプロデューサー等にも携わる。
 その後、ゲームやウェブコンテンツの開発会社を経て、
 現在はマネジャーとして株式会社吉田正樹事務所に勤務。


<この本との出会い>
 新刊ラジオのPodcustingの2010/01/06号でご紹介されておりました。
 新刊ラジオでの記事はこちらです → 新刊ラジオ第1018回へ


<関連HomePage等>
 もしドラの公式HomePage

 
<本の構成>
 プロローグ
 第一章 みなみは『マネジメント』と
 第二章 みなみは野球部のマネジメントに取り組んだ
 第三章 みなみはマーケティングに取り組んだ
 第四章 みなみは専門家の通訳になろうとした
 第五章 みなみは人の強みを生かそうとした
 第六章 みなみはイノベーションに取り組んだ
 第七章 みなみは人事の問題に取り組んだ
 第八章 みなみは真摯さとは何かを考えた
 エピローグ
 あとがき

 ページ数 272ページ
 読書時間 3時間


<関連動画>
 もしドラ公式PV




 



<本文からのご紹介>

 野球部のマネジャーになって、みなみがまず初めにしたことは、「マネージャー」という
 言葉の意味を調べることだった。それがどういう意味かということさえ、彼女はよく
 知らなかったのだ。
 そこで、家にあった広辞苑を引いてみた。すると、そこにはこうあった。

 マネージャー【manager】支配人。経営者。管理人。監督。

 また、すぐ隣にはこんな言葉も載っていた。

 マネージメント【management】管理。処理。経営。

 これを読んで、みなみは「マネージャー」というものを「管理や経営をする人
 ―つまりマネージメントをする人」だと理解した。
 次に、今度は近所の大型書店に出かけていった。そこで、マネージャー、あるいは
 マネージメントについて、何か具体的に書かれている本を見つけようとしたのだ。
 本屋さんまでやって来た彼女は、店員にこう尋ねた。
 「何か『マネージャー』、あるいは『マネージメント』に関する本はありますか?」
 するとその若い女性店員は、一旦店の奥に引っ込むと、すぐに1冊の本を手にして戻ってきた。
 それを差し出しながら、彼女はこう言った。
 「これなんかいかがでしょうか?これは『マネジャー』あるいは『マネージメント』について
 書かれた本の中で、最も有名なものです。世界で一番読まれた本ですね。もう30年以上も前に
 書かれたものなんですけど、今でも売れ続けているロングセラーです。これは、その要点を
 抜き出した『エッセンシャル版』です。『完全版』というのもあるんですけど、初めての方には
 こちらをお薦めしています。」
 そこでみなみは、その本を手にとって見てみた。タイトルには、そのもズバリ『マネジメント』と
 あった。著者はピーター・F・ドラッカーで、編訳者は上田惇生、出版社はダイヤモンド社となっていた。
 そうして彼女は、中身も見ずにその本を買い求めた。値段は2100円と少し高かったものの、世界で
 一番読まれた本というのが気に入った。


 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』 P12~P13



 ちょっと表紙や挿絵がゆきうさぎさんのイラストで、人前で読むにはすこし照れますが、
 内容は最高ですね。『夢をかなえるゾウ』以来の衝撃を受けました。
 これはきっとドラマ化しますね。しかも絶対ドラマ化しても面白いと思います。
 そんなドラマが刺激になり、ドラッカーのマネジメントが世間に広がってくれれば素敵ですよね。
 ちなみに、後輩から「もし高校野球のマネージャーがドラッカーを読んだら」って本持ってますか?
 と聞かれて「もちろん持っているけど、今読んでいる最中なんだよね~」と言ったら、「終わったら貸して
 下さい」とお願いされました。なぜかと聞くと、私の机の上のドラッカーの本を見て興味を示したそうです。
 読み終わりましたので、後輩に読んでもらい感想を聞きたいと思います。
 以前、紹介した『ドラッカー 時代を超える言葉』も入門編にはピッタリだと思いましたが、まさしく、
 この本の方が入門編にはピッタリです。

 さて、内容ですが、著者の岩崎さんのプロフィールを見て頂くと、説明するまでもないと思います。
 秋元康さんに師事し、「とんねるず」や「ダウンタウン」の番組で放送作家として参加していた方です。、
 ともすれば固くなりそうなドラッカーをエンターテイメント性たっぷりの内容で表現しております。
 絶対満足する作品だと思いますので、ドラッカーに興味がある方もない方も是非とも読んで損はない
 1冊だと思います。




<関連動画>

 『ドラッカーの名言集』








nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
岩崎夏海 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。