So-net無料ブログ作成
検索選択
天童荒太 ブログトップ

『悼む人』 ~天童荒太~ [天童荒太]

聖者なのか、偽善者なのか? 「悼む人」は誰ですか?
七年の歳月を費やした著者の最高到達点!


悼む人

悼む人




<著者のプロフィール
 天童荒太(てんどう あらた)
 1960年、愛媛県生まれ。
 86年に「白の家族」で第十三回野生時代新人賞を受賞。
 93年には「孤独の歌声」が第六回日本推理サスペンス大賞優秀作となる。
 また、96年には「家族狩り」で第九回山本周五郎賞を受賞。
 2000年にはベストセラーとなった「永遠の仔」で第五十三回日本推理作家協会賞を受賞。
 そのほかの著作に「あふれた愛」、「包帯クラブ」、画文集「あなたが想う本」、
 対談集「少年とアフリカ」などがある。


永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)

永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 天童 荒太
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 文庫



少年とアフリカ 音楽と物語、いのちと暴力をめぐる対話 (文春文庫)

少年とアフリカ 音楽と物語、いのちと暴力をめぐる対話 (文春文庫)

  • 作者: 坂本 龍一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2004/04/07
  • メディア: 文庫



あなたが想う本 (アートルピナス)

あなたが想う本 (アートルピナス)

  • 作者: 天童 荒太
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本



家族狩り オリジナル版

家族狩り オリジナル版

  • 作者: 天童 荒太
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本



<この本との出会い
 天童さんの本は殆ど読んでます。 本屋さんで見かけて即購入しました。
 以前、「包帯クラブ」をご紹介しています。 → 「包帯クラブ」へ





<本文からのご紹介>

 本の裏帯より・・・
 
 だからわたしは、≪悼む人≫と呼んでいます。
 彼のことを知りたいです。
 あのときもですけど・・・時間が経つごとにいっそう、
 彼のことをどう考えていいのか、わからなくなってきたのです。
 彼はいまどこですか。 何をしていますか。
 なぜあんなことをしていたのでしょう。
 いまもああした行為をつづけていますか。 何が目的ですか。
 ≪悼む人.≫は、誰ですか。




 天童さんが7年の歳月をかけて書いたということで、かなり期待感たっぷりで読ませて頂きました。
 想像以上に素晴らしい作品ですね。 
 人の生と死について本気で考えてしまいます。
 林覚乗和尚の講演で、「人は2度死にます。1度めは肉体の死で、2度目はその人の事を憶えている人が、
 この世からいなくなること。それが2度目の死なのです。 人の為にいのちをかけた結果死を迎えた人は、
 何年たっても皆さんから憶えていてもらえる、それは、その人の気持ちや精神が生き続けているということ
 なのです。」というのがあります。 ≪悼む人≫も様々な事で死を迎えた人を憶え続ける、その人が、
 誰に愛され、誰を愛し、誰から感謝されていたかを想い、その事を忘れずに悼み続ける・・・。
 しかも、悼む対象の人は赤の他人で、全国を回って悼み続けるということなのです。
 まさしく、本の帯に書かれているように、聖者なのか、はたまた偽善者なのかですね。
 何やら、私の人生のポイントポイントで、天童さんの本に出会い、自分を見つめなおす良い機会をあたえて
 頂いている気がします。 素敵な本をありがとうございます。
   




タグ:小説
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『包帯クラブ』 ~ 天童荒太 [天童荒太]

今回は趣向を変えて・・・
天童荒太さんの
「包帯クラブ」 いま、この作品を出さないと、間に合わないと感じた。

包帯クラブ The Bandage Club (ちくまプリマー新書)









天童さんの作品は、とても印象に残っており、他には、
「家族狩り」


幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉 (新潮文庫)








「永遠の仔」を読んでました。


永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)








久々に本屋でたまたま見かけたので購入しました。
これまた面白い、読み始めてあっと言う間に引き込まれます。
天童さんの作品って、とても映像化しやすいんですよね~私だけ?
この本も読みながら、頭の中ではそれぞれの登場人物をイメージしながら
楽しく読むことが出来ました。
内容は、様々な理由で傷ついた若者達が、その傷の原因となった場所に
包帯を巻きつける事により、その傷を癒してあげる・・・
簡単に説明すると、こうなるのですが、なぜか引き込まれます。
思わず、小説である事を忘れ、実話かと思ってしまいました・・・

しかも、調べてみたら、すでに映画化が決定しており、
9月15日ロードショーじゃありませんか!パチパチパチパチ

出演者は 
 ディノ役 ・・・ 柳楽 優弥 (これははまり役かも!)
 ワラ役  ・・・ 石原 さとみ (ちょっと可愛いすぎだね~なんか青春映画にならなければいいが・・・)
 ギモ役  ・・・ 田中 圭 (ちょっと色男な気がするな~)
 タンシオ役・・・ 貫地谷 しほり(これはかなりイメージが違った・・・)
 テンポ役  ・・・ 関 めぐみ (まあ、この役はいいかな~ この娘は良く知らんけど・・・)
 リスキ役 ・・・ 佐藤 千亜妃 (これもイメージが・・・)

これらの出演者をいかに調理するかは、堤監督の手腕にかかってますね~。
きっと面白い作品になる事でしょう。この作品は、映画を見てから読むも良し、
読んでから映画を見るも良しなはずです。(私個人の意見ですが、小説でもかなり、
映像が鮮明に浮かんできますよ!)
この作品で興味をしめした方は、是非とも「家族狩り」も読んで下さい。
これまた、読み応えありで、何かしなくちゃと思います。
しかも、文庫化した時に、天童さんが時代設定が合わないので、書き直してますから!
あなたも、どうぞ天童ワールドに・・・・

さて、コーチングの話で、なぜこんな本なのかと言うと・・・・
コーチングも突き詰めると、幼児教育なんじゃないでしょうかね~。
(五味さんに言わせると、幼児教育なんて言葉じたいが、教えてやるみたいな
イメージに聞こえるかもしれませんが・・・)
それはさておき、やはり子供が抱える様々な問題、いじめや親の問題は、
会社に置き換えても、いじめや上司の問題に当てはまる気がします・・・
そう感じ始めて、いろいろな絵本や夜回り先生の水谷さんの著書も読んでみているわけです。
子供をこう育てたい~なんて思っても、そうならないし、そうなってないですよね(もちろん私も・・)
ただ、親や上司として出来る事は、気持ちよく働かしてあげる事だし、成長を認め褒めてあげる事
なんではないでしょうか?その辺を基本においておけば、きっといつの日か、成果がでるのでしょう。

明日は不在なので、また数日後に更新しま~す。




ブログランキングにご協力を・・・下記をワンクリックお願いしま~す。
人気blogランキングへ
 


 
 


タグ:小説
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
天童荒太 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。