So-net無料ブログ作成
検索選択
岡田淳 ブログトップ

『二分間の冒険』~岡田淳~ [岡田淳]

さて本日は岡田淳さんの、『二分間の冒険』です。

二分間の冒険 (偕成社文庫)








それでは本文から少しだけご紹介しますね。


  ―― そう、かくれんぼさ、おまえは、かくれているおれを見つけ出す。
  そしてさっきのようにおれをだいて『つかまえた』とさけぶ。そうすりゃおまえの勝ち。
  この世界の時間はおしまい。おれはおまえといっしょにさっきの場所、さっきの時間
  にもどってやるよ、
  ここにほうりっぱなしにされるわけではないらしい。悟はすこし安心した。
  ゲームにつきあって、黒ネコをつかまえればいいのだ。しかし相手はネコだ。
  うまくつかまえられるだろうか。
  「でも、ぼくがだね、きみをつかまえられなかったらどうなる?」
  ゆっくりたずねながら、悟は注意深く、まがりくねった枝やしげみのかげなどに
  目を走らせた。頭のなかにひびいてくる声も不便なものだ、どちらに相手がいるのか
  わからない。
  ―― 時間はたっぷりある、つかまえるのさ。どのくらいたっぷりあるかというと、
  この時間でおまえが老人になるかならないかというころ、ようやくもとの世界では
  二分間がすぎようかって計算なんだから。
  悟は目でネコをさがすのをやめた。あきれてしまった。
  「老人になるかならないかって、そんなにながいあいだかくれんぼをするつもりかい?」
  ―― この世界じゃ、あっというまに老人になるかもしれないぜ。だからそれまでに
  つかまえるのさ。


 読みました!読みました!読書のすすめの清水さん読みましたよ~!
 読むと○○○が見えてきますシリーズの3冊
 確かに何かが見えました。○○○に当てはまる文字は×××ですねきっと・・・
 三文字で良いんですよね?って質問しても答えを頂ける訳ではないですね~。
 いつの日か、江戸川区にある、読書のすすめに行って聞いてみよ~ん。
 とても、面白い3部作でした。幼児書だと思ってもついついはまってしまっちゃい
 ますね~。これらの本を真剣に、「この会話は、コーチングで言うあれやね~」とか、
 「ここの部分は、こういう意味を含んでいるね~」なんて考えながら読んでも
 面白くはないですね~きっと。清水さん言うように、あんまり考え過ぎないのが
 これらの本を楽しく読めるコツなのかもしれません。
 『竜退治の騎士になる方法』では、以前仲の良かった幼馴染とささいなきっかけで、
 疎遠になり、そんな2人ちょっとしたきっかけで、竜退治を名乗る騎士にあい、一緒に
 力を合わせて竜を退治し、その後はまた、親友になれたという話です。
 『びりっかすの神さま』は、まじめな父の死がきっかけで、母に頑張らなくてもいいよと
 言われ、頑張らないの意味を感じながら転校した学校で、びりっかすの神さまに出会う。
 その後、クラスのみんなが、結局、びりっかすの神さまを見るという話です。
 そして今回の『二分間の冒険』です。この順番に読んだ意味は、きっと、先にこの本から
 さきに読むと、○○○の深さが感じられないからじゃないのでしょうかね~。
 ん~ あんまり書きすぎると、これから読む人の興味が薄れるのが心配なので、
 この程度でやめときます。
 ※でもね、もしかすると、清水さんは○○○が見えるのは、人それぞれで見えるものが
 違うなんて言うのかもしれませんね~。
 
 それでは、またね~ 

 ※最近雑誌に掲載された事により、このブログへのアクセスが増えています。
 このブログより、なにより、読書のすすめを参照して下さいね→読書のすすめのYouTubeへ


 よろしければ ワンクリックのご協力をヨロシクお願いします。 
 人気blogランキングへ





『びりっかすの神さま』~岡田淳~ [岡田淳]

岡田淳さん著書の第二段です。その名も『びりっかすの神さま』

びりっかすの神さま (偕成社文庫)









~ビリにだけ見えるという へんな神さまがあらわれた クラスはおおさわぎ~


作者の言葉から 
 あなたは、クラスでいちばんになったことがありますか?
 なわとびでも、テストの点数でも、給食を早く食べる競争(そんなことは、しないほうがいいと
 思いますが)でも、いちばんになるのはかんたんな事ではありません。
 この物語は、それとは反対のお話です。
 びりになるのは、その気さえあれば、いちばんになるほどむずかしいことではありません。
 だれでも なれます。


 こんな感じで始まります。
 そして、あとがきに・・・

作者のあとがき
 もしも、学校のなかに、なにをしても、わざとびりになる子がいたらどうなるだろう。
 そう考えたのが、この物語をつくり始めたきっかけです。
 その子は、なぜ、わざとびりになろうとしているのか。だれだって、びりには
 なりたくないはずです。わざとびりになろうとするのは、その競争を本気で考えて
 いない、その競争とはちがうことに関心がある、ということでしょう。
 では、学級のなかの競争よりおもしろいことってなんだろう。いやそれよりも、
 学級のなかの競争というのは、本気になるだけのねうちなんかあるのだろうか。
 学級って競争するところなんだろうか――。
 そんなことを考えているうちに、びりっかすさんは、ひょいとうまれてきたのです。

 さて、この物語、面白かったでしょうか?面白かったと言ってもらえれば、ぼくは大満足です。
 最後になりましたが、つぎの作品はまだかと、ぼくをはげましつづけた若い友人たちと、
 本にするためにお骨おりいただいた編集部の方々に、お礼をもうしあげます。

 ”読書のすすめ”の清水さんの「3冊読めば、○○が見えてくる本」の2冊目です。
  私は今3冊目を読み始めたところなので、まだ○○が何かは見えてません。
 この『びりっかすの神さま』はとても、面白いです。あっと言う間に読めちゃいました。
 もちろん幼少年向けの本なので、小学校中学年以降であれば、読めちゃうと思いますよ。
 でもね~、中々奥が深いんですよね~。考えさせられちゃいますね。
 このあとがきに記述されている、”競争”ってところがポイントですね~。
 あと”頑張る”って事ですね~。林覚乗さんの講演会のDVDに、こんな話が出てきます。
 ”学校とかで1番~30番で順位をつけちゃうけど、1番2番の子どもを褒める親はいるけど、
 本当は30番の子を一番褒めてあげないといけないんだよね~。30番の子どもに、
 あんたは、えらいよ~29人もの子どもを幸せにしているんだから~って、そう言える親が
 心が豊かな親なんだよ~。そういう心が豊かな親や大人が、今の世の中は減ってきてるん
 ですよね~。”と言う話をしてました。そんな感じしませんか?ちょっとこの話だけ
 取り上げると、うまく伝わらないかもしれませんが、『びりっかすの神さま』を読んで、
 林覚乗さんの講演会のDVDをみると、人に大切な何かを感じる事が出来ますよ。
 本当はもう少し詳しく書きたいところですが、3冊目を読んでから書こうと思います。
 ちなみに、2冊目は、『2分間の冒険』です。
 『竜退治の騎士になる方法』は、
  昔は中の良かった2人が、よそよそしくなり、6年生になった時に話
 『びりっかすの神さま』は、
  お父さんを亡くした、主人公が、4年生の時に転校してきた話
 『2分間の冒険』は、
  6年生のちょっと調子の良い主人公が、出会う不思議な体験です。
 ちょと、この小学校高学年ってのもポイントなのかもしれませんね~。
 
 それでは、続きは、『2分間の冒険』の読破後に・・・・

  
 ※最近雑誌に掲載された事により、このブログへのアクセスが増えています。
 このブログより、なにより、読書のすすめを参照して下さいね→読書のすすめのYouTubeへ
   

 よろしければ ワンクリックでポイントが加算されます。
 ご協力をヨロシクお願いします。 
 人気blogランキングへ



『竜退治の騎士になる方法』~岡田淳~ [岡田淳]

今日は岡田淳さんの『竜退治の騎士になる方法』です。

竜退治の騎士になる方法








読書のすすめってご存知ですか?その読書のすすめと言う本屋さんの店長の清水さんの
お勧めの本です。岡田さんは沢山の著書があるのですが、その本をすべて読んで、
お勧めの3冊を絞ってご紹介してくれているそうでうす。
私も甥っ子に読ませてあげたくて、購入してみましたが、てっきり絵本かと思いましたが、
文庫だったので、甥っ子にはまだ早いな~と思ってます。
読んでみてですね~ 面白いですね~。あっと言う間に読めちゃいます。
ちょっと本文からご紹介しますね


 その人はまじめな顔でいった
 「おれは竜退治の騎士やねん。」
 優樹は息をのんだが、ぼくはそういう役をする人なんだな、と思った。
 はじめはおどろいたが、よく見ると剣も盾も軽そうだ。小道具なのだ、
 今日、よその学校で劇をして、そのままのかっこうでここにきた、というところだろう。
 優樹はぼくにそっと寄ってささやいた。
 「だいじょうぶか? この人。」
 役者さんだと気づいていないのだ、ぼくはそれを教えてやろうと思った。が、
 本人が竜退治の騎士だと言っている前で、じつは役者さんだとばらして
 しまうのは悪いのではないかという気がした。優樹にもそのうちわかるだろう。
 ここはしばらく本人がいうとおり、竜退治の騎士ということにしておいて話を
 続けるほうがいいのでは――――。いや正直に言う。僕の心の中には、
 役者さんだと気づいていない優樹を見て楽しもうという気分があった。
 おしえないことにした。
 僕は立ち上がって、いった。
 「竜退治の騎士ゆうて、そんなかっこうしてはったら、なんやら西洋人みたいですね。」
 その人は答えた
 「西洋人やで。」
 僕は笑ってしまった。
 「どうみたも東洋人ですけど。」
 「今はそないに見えるだけや。」
 ~(中略)~
 「西洋人やったら、名前はなんと言うんですか?」
 その人は一瞬つまった。役の名前を言えばいいのに、。それとも名前はなくて、
 ただ竜退治の騎士という役で登場するのだろうか。ところがその人は、こう言った。
 「・・・今ここで名前をゆうたら、きみら笑うと思うんや。」
 「僕ら、そんな失礼なことしません。なあ。」
 うながされて、優樹もうなずいた。でも僕はもう笑いそうだった。
 「いや、きみら、絶対笑うわ。」
 「ほんまは西洋人とちゃうから、そんなことゆうて、名前を言わんとこ思てんのと
 ちゃいますか?」
 その人はため息をついたようにみえた。
 「わかった。ゆうたらええんやろ。」
 「・・・ジェラルドゆうねん。」
 ぼくと優樹は爆笑した。<ジェラルド>と<ゆうねん>!なんというミスマッチだろう。


 どうでしょう、なんとなくイメージはつきましたか?
 この竜退治の竜がポイントになるんですよ。
 この主人公と優樹との関係もポイントですね。
 読書のすすめの清水さんは、岡田さんの作品を3冊読むと、何かが見えると言うてます。
 まだ1冊目なので、次の本を読むのが楽しみです。
 この1冊でも、なんとなく言わんとする事は感じる事が出来ましたが・・・

 それでは、次の1冊へ・・・
 ※最近雑誌に掲載された事により、このブログへのアクセスが増えています。
 このブログより、なにより、読書のすすめを参照して下さいね→読書のすすめのYouTubeへ

 よろしければ ワンクリックでポイントが加算されます。
 ご協力をヨロシクお願いします。 
 人気blogランキングへ




 

 


 

 


岡田淳 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。