So-net無料ブログ作成
石井裕之 ブログトップ

『チギレグモノ、ソラノシタ』 ~石井裕之~ [石井裕之]

7つの物語のなかに、きっとキミ自身がいます。

ベストセラー『「心のブレーキ」の外し方』『ダメな自分を救う本』の著者が贈る
はじめての連作短編小説。 キミの乾いた心に、そっと水を撒いてくれます。


チギレグモノ、ソラノシタ

チギレグモノ、ソラノシタ

  • 作者: 石井 裕之
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/08/19
  • メディア: 単行本



<著者のご紹介>
 著者のご紹介は以前の記事を参照してください。 → カテゴリー石井裕之へ


<この本との出会い>
 石井裕之さんのメルマガで紹介されてました。





<本文からご紹介>

 あきらめゲーム

 行列のできるラーメン屋の行列に並ぶ―。
 それを、僕はずっと軽蔑してきたはずだった。たかだか昼食の、しかもラーメンごときのために、
 貴重な昼の時間を浪費できるだなんて、まともに仕事もできない連中に決まっている。
 昔からそう思っていた。
 しかし、そうやって馬鹿にしていたはずの行列の最後尾あたりに、いま、僕は立っている。
 特別にここのラーメンを食いたいという気になったわけじゃない。それどころか、腹だってそんなに
 空いてもいない。もちろん、ヒマをもてあましているわけではましてない。
 ただなんとなく、意味もなく、列に並びたかっただけ・・・いや、ほんとうは、他にはどこも居場所を
 思いつかなかった、というのが正直なところだった。

 営業としてのいまの仕事も、今年で5年目になる。人気のラーメン店などに並ぶ時間があるなら、
 客先に飛んでいきたい。だから、仕事の合間にコンビニのパンをかじるか、あるいは、せいぜい
 空いているまずい立ち喰いそば屋で掻きこむのが、いつもの僕の昼食だった。そのくらい必死で
 がんばってこられたのは、明確な目標があったからだ。
 僕の夢は、入社5年目までにトップセールスとして会社に必要とされる営業になることだった。
 それを目指して、日々地道な努力を積み上げてきた。
 今年は、いよいよその入社5年目、年初に、無理をして、都心に近いマンションに引っ越した。
 通勤にかかる時間を削減して、もっと仕事に集中できるようにするためだ。
 今年こそは、必ずトップセールスになる! そう自分に誓った。
 ・・・・・・と意気込んでいた僕が、あっけなくどん底につき落とされたのが、ついさっき、今朝の
 ことだった。



 
 この本は冒頭に記述している通り、7つの物語で、それぞれが言葉遊びのゲームで構成されています。
 「あきらめゲーム」「ためらいゲーム」「たいくつゲーム」「おもいでゲーム」「もめごとゲーム」
 「やりがいゲーム」「ぐっぱいゲーム」の7つです。しかも、連作短編小説なので、それぞれのお話は
 独立していますが、最後はすべてつながっているという構成になっております。劇団ひとりさんの
 『陰日向に咲く』をイメージして頂けると良いのかな~と思っております。
 しかし石井さんは才能豊かですね~。とても素晴らしい作品になっております。
 あきらめゲームの主人公は、トップセールスになると地道な努力を重ねてきたのですが、MBAを取得した
 新入社員にわずか入社半年ほどで先を越され、その新入社員が上司になってしまいます。それが原因で
 夢をあきらめかけてしまう訳です。そこに謎の老人(この段階では謎なのですが、実はとても素敵な
 つながりがあるんですよね)が行列の中で、心のゲームをしませんか?と話かけるのです。
 そのような感じで、それぞれの登場人物と心のゲームを行い、それぞれが立ち直り、気づきを得ます。
 最後にはその老人の正体が判明し、その後それぞれが取った行動とは・・・。

 登場人物も多岐に渡り、シュチエーションも多岐に渡っているので、まさしく、物語の中に、
 自分を見つけることが出来るかもしれませんね。いやいやとても素敵な本なんですよ。
 ときにはゆっくりこんな感じの本を読むのもいいかもしれませんよ。また、風景描写もとても良く、
 是非とも映画化を望みます。映像で見てみたいですね。石井裕之監督デビューかも!?





『あるニセ占い師の告白』 ~石井裕之~ [石井裕之]

ベストセラーの原点!「幻の書」がついに公開!
あなたは、この誘惑に勝てますか?
「仕事」「恋愛」「セールス」「面接」「人間関係」「接客」「マーケティング」「飲み会」・・・などに効く
ノーリスク・ハイリターンの話術&心理術がストーリーで学べるからマンガより面白い!
今すぐ使える!発売禁止!?になる前に手にとってください。


あるニセ占い師の告白 ~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)

あるニセ占い師の告白 ~偉い奴ほど使っている!人を動かす究極の話術&心理術「ブラック・コールドリーディング」 (FOREST MINI BOOK)

  • 作者: ジョン・W・カルヴァー
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2009/05/20
  • メディア: 新書



<著者のご紹介>

 著者のご紹介は以前の記事を参照してください
→ カテゴリー石井裕之へ


<この本との出会い>

 これまた石井さんのメルマガで知りました。 
 同時著書の「一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門」と同時に買いました。





<本文からご紹介>

 悪用厳禁。著者及び出版社は、本書のノウハウを実践することによって生じる結果について、一切の責任を負うものではない。あくまでも、読者自らのリスクにおいて判断されたい。

 ・・・なんと下らない警告文だ!

  こんな警告文があろうがなかろうが、善き人は善き道を行き、悪しき者は悪しき道を行く。
 読者が善良な人間であるならば、道徳的な判断くらい自分でできるほどには成熟している
 はずだし、醜い心に支配された悪党であれば、警告文ごときでいったい何を思いとどまる
 というのか?

  私はといえば、悪しき心に支配された側の人間である。
 まったくケチな話だが、PCのメモリを持ち帰って私物化していたことがバレて、働いていた
 会社をクビになった。だが、クビになったことそのものよりも、盗みがバレてしまったということ
 のほうが、私にはずっと耐えがたい屈辱だった。
  新しい職探しをする気にもなれず半年近くぶらぶらと無為に過ごした。当然のごとく貯金も
 底をつき、コーヒーショップで時間をつぶしていたある日。雑誌の星占いコーナーを食い入る
 ように読んでいた若い女性客の姿を見て、ふと、「占いなら、楽に小銭を稼げるのではないか?」
 という考えが浮かんだ。
  私は、悪魔のささやく声を聞いたのか?それとも、眠っていた自分の才能についに気づいたので
 あったか?いずれにしても、その瞬間から、ニセ霊能者としての私の人生がはじまったのだった。

  偉そうに言うことではないが、現在は、詐欺から足を洗っている。改心したというわけではない。
 一生遊んで暮らしていけるだけの金を掴み、その金が金を産んでくれるようになった。もはや霊能者
 を演じる必要がなくなった、というだけのことだ。
  このささやかな本における赤裸々な告白は、絞り出された私の良心の最後の一滴だと言えよう。

  これから、本書の中で、ニセ霊能者として莫大なあぶく銭をかすめとってきた私の
 コールドリーディングの秘密が、余すとこなく語られるであろう。

  悪用厳禁という警告文は、「悪用可能だ」ということを明言しているにすぎない。本書も、その例外
 ではない。
  しかし、ここに明かされるノウハウが犯罪を助長することになるかならないか、それは読書が善人で
 あるのか、それとも悪党であるのかにかかっている。
  私には、なんの関係もないことだ。





 石井さんらしいな~といえばまさに石井さんらしい著書ですね。というより石井さんにしか書けない
 著書だと思います。本文からのご紹介として、この本の冒頭からご紹介しました。
 こんな書き出しで始まるのはさすが石井さんだと思いませんか?
 内容としては、コールドリーディングを駆使した占い師が存在したらこんなことになるという内容なの
 ですが、もしかするとそんな人は世の中に沢山存在しているのもしれません。
 いやきっと存在しているのでしょうね。
 でも読んでみると、占い師って実はコーチングと同じ感じがするのは私だけでしょうか?
 相手を傷つける占い師であれば、稼げる訳はありません。何にも悩みがない人が占いを受けに来る
 訳はありません。となると、相手を傷つけずに、悩みの相談を受けるのはコーチングも同じですね。
 そこに、カードやら星座とか血液型とかが登場しないだけで、根本的には同じです。
 どうも占いは胡散臭いと思ってましたが、いやいや占いも人にアドバイスするという点を考えると、
 奥が深いものなんだと改めて思いました。
 さて、この本に戻りますが、同時に発売された、「一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門」を
 先に読んで、この本を読んだ方が面白いと思います。そしてこの本は、コールドリーディングの実例と
 して書かれています。あくまでも占いの本だと思わずに、コーチングにどう生かせるかと考えながら
 読んでいただくととても面白いと思いますよ。本も面白いのですが、石井さんのDVDも購入しました。
 このDVDがまたとても素晴らしい内容なんですよね~。またの機会にそのDVDの内容もご紹介
 したいと思います。
  




『一瞬で相手を落とす!コールドリーディング入門』 ~石井裕之~ [石井裕之]

「話し方」を変えても人生は変わらない!
でも、「潜在意識に伝わる話し方」&「心理テクニック」なら、人生は変わる!
TVドラマで注目され、ネットで超話題の「話し方」&「心理テクニック」





<著者のご紹介>
 著者のご紹介は以前の記事を参照してください。
   → 以前の記事へ


<この本との出会い>
 登録してある石井さんのメルマガで知りました!





<本文からご紹介>

 はじめに


 ♡相手のほうから積極的に話しかけてくれるようになる
 ♡「この人は私のことをわかってくれる!」と感じさせることができる
 ♡初対面の相手ともすぐに親しくなれる
 ♡「こいつはデキル奴だ!」という印象を与えることができる
 ♡実績や経験がなくても、一瞬にして信頼してもらえる

 ――そんなテクニックが存在したら、それは、あなたの仕事や恋愛、人間関係にどれほどプラスに
 なることでしょう。
  ちまたにあふれるコミュニケーション本や、話術本、仕事本、恋愛本をいくら読んでも、こんな
 奇跡は起こりません。

  でも、コールドリーディングを使えば、その奇跡が現実のものになるのです。
  しかも、誰にでも簡単にマスターできる!

  コールドリーディング(Cold Reading)とは、ニセ占い師やエセ霊能者などが、相談者の心を
 読んだり未来を予言したりする霊能力があると信じ込ませるための、騙しのテクニックです。
  英語のコールド(Cold)には、「何の準備もなしに、その場で」という意味があります。
 リーディング(Reading)は、「読むこと」から転じて、「見えざるものを読み取ること、占いをする
 こと」を意味します。
  つまり、コールドリーディングとは、広義では、「何の準備もなしに、その場で、相手の現在・
 過去・未来を占うこと」という意味になります。
  もっと具体的に定義するとしたら、「トリックや話術を駆使して、相手の現在・過去・未来を占った
 ように錯覚させる技法」なのです。
  つまり、「この人は、私のことを分かってくれている!」と錯覚させて信用させるための騙しの話術
 ――それがコールドリーディングです。





 久々に石井さんの著書のご紹介です。この本は2冊同時に発売されており、もう一冊は
 「あるニセ占い師の告白」です。石井さんのメルマガでは、2冊同時ですとご紹介されていたので、
 もちろん両方購入しました。1冊目のこの本はまさしく、コールドリーディングの入門書です。
 何かタイトルや見出しを見ると、技法とかテクニックと書かれているので、ちょっと怪しい感じを
 受ける人もいると思うのですが、このコールドリーディングを知っているのと知らないのでは
 大きな違いが生まれます。この本を読めば、すぐにコールドリーディングをマスター出来るわけでは
 ありませんが、読んで知っておけば、それが少しずつ自分のものになって行きますよ。
 私自身がそうなのですから!
 最初は本に書いてあることを覚えようと頑張ってみましたが、それでは頭に入っても実践では
 役に立ちません。でも、たまに本を読み直したり、日々実践することにより、いつのまにか身に付いて
 来るものなのですね。一冊読んでみて良く解らないな~と思わず続けていくことに意味があるんです。
 話し方に自信が持てない方、どうも消極的な自分に悩みを持っている方にはお勧めの一冊です。
 あくまでも、この本を読んだから変わるわけではないですよ。続けることですよ!
 




『人生を変える!「心のブレーキ」の外し方』 [石井裕之]

またまた、素敵な本をご紹介します。

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~








この本はとても売れていて、ベストセラーなんですが、皆様はお読みになりました?
著書の石井さんは、「週間ビックコミックスピリッツ」で、「ホムンクルスの目」を
連載されており、その連載は楽しく毎回読ませて頂いてました。
まずは、石井裕之さんのプロフィールです。

 1963年 東京生まれ。パーソナルモチベーター。セラピスト。
 催眠療法家。有限会社オーピーアソシエイツ代表取締役。
 
 累計30万部突破のベストセラーシリーズ『一瞬で信じ込ませる話術
 ゴールドリーディング』、『なぜ占い師は信用されるのか?
』のほか、
 『ビジネス・コールドリーディング』、『秘密の恋愛カウンセリング』、
 『コミュニケーションのための睡眠誘導』、『カリスマ 人を動かす12の方法』、
 『ダメな自分を救う本』など十数冊の著書をもつ。

 催眠療法やカウンセリングの施療経験をベースにした独自のセミナーを指導。
 人間関係、ビジネス、恋愛、教育など、あらゆるコミュニケーションに活かす
 ことができ、誰にでも簡単に実践できる潜在意識テクニックを一般に公開。
 企業からの講演依頼も多数。「社員のモチベーションや営業力、コミュニ
 ケーション技術の向上のための斬新なノウハウ」と高い評価を受けている。

 石井裕之公式ホームページ http://sublimination.net/
 「心のブレーキ」を外したあとの秘密の文章 http://www.forestpub.co.jp/s/

それでは、本文から少し紹介します。


潜在意識は答えを求め続ける! だから・・・・
 
 度忘れ、というものがあります。知っているはずなのに、思い出せない。
 たとえば、友達と雑談をしていて、懐かしい八十年代の、あるアイドルの話題に
 なったとします。でも、あなたも友達も、その芸能人の名前を度忘れしてしまって、
 どうしても思い出せない ― 。
 「たしか、”マ”ではじまる名字だったよね・・・マツダ?マツムラ?いや
 何か違うよな・・・・」
 ふたりで、あれやこれや頭を絞りますが、いくら考えても浮かばない。結局
 「まあ、そんなこと、どうでもいいや」ということになって、別の話題へ流れて行く―。
 ところが、友達と別れて家に帰り、ひとりで風呂に入っていると、
 「あ、松本伊代だった!」
 と唐突にあの名前が出てきた ― 。
 思い出そうと一生懸命に考えているときには浮かんでこなかったのに、
 そんなことはもうすっかり忘れてしまった頃になって、ポンと正解が飛び出してくる。
 あるいは、何かアイディアを出そうと机に向っているときには何も浮かばないのに、
 「ちょっと休憩でもするか」と、仕事を忘れて散歩でもしていると、突然いい案が
 浮かんできたりすることがある。
 こういうことは、誰でも経験していることだと思います。すっかり忘れた頃に、
 突然答えが浮かんできて驚いたことは、あなたにもあるはずです。

 何が言いたいかというと、つまり、

 意識が、考えるのをとっくにやめてしまった後も、
 潜在意識は、ずっと答えを求め続ける。

 ということ。
 そして、これは極めて大切なことなのですが、意識と違って潜在意識は、

 答えが見つかるまで、決してストップしない。

 のです。
 意識では「アイドルの名前なんて、どうでもいいことだから、もういいや」と
 思っても、潜在意識は、ただひたすらに、誠実に、バカ正直に答えを検索し続ける。
 ヒットするまではいつまででも検索を続けるのです。
 潜在意識にはそういう特徴があります。


 これって目から鱗ですよね~。この潜在意識に関することが、とても解かりやすく説明されて
 おります。しかも、各章にアクションプランがついてます。

 例えば・・・・
   気分が高揚したら、その場で”行動”に変える
    ・感謝の気持ちを小さなプレゼントで表現してみる。
    ・「これって、いいアイディアだな」と思ったら、すぐに7通りの活用例を考える。
    ・「これって、いい言葉だな」と思ったら、すぐに会話の中で使ってみる。
    ・本や映画に感動したら、七人の知り合いに薦めてみる。
    ・「あの人はどうしているかな」と懐かしく思い出したら、すぐに電話してみる。
    ・失敗して反省したら、同じ失敗をしないための方法を七つ考える。
    ・欲しいけど、高額で手が届かない・・・・まずはパンフレットだけでも入手する。

どうです、何か解かりやすいアクションプランだと思いませんか?
これなら、始めれそうな気がします。石井さんは、この本の最後に、本は何度も読みかえすと
またあらたな発見に出合いますよ~。一冊の本を大切にしてね、一冊の本は著書からの
ラブレターみたいなものだよと記述しています。
私もこの本を大好きな一冊として、末永く読んで行きたいと思います。
ん~今日もツイてる!ツイてる!

 よろしければ ワンクリックのご協力をヨロシクお願いします。 
 人気blogランキングへ



石井裕之 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。